狂犬病予防について意識を高めよう
2013 / 10 / 09 ( Wed )
今年の7月台湾で52年ぶりに狂犬病が発生しました。
発症が見られたのは野生のイタチアナグマ。

9月22日の段階で犬にも1件発症が見られているそうです。

台湾というかなり近い地域で発生した狂犬病。
日本では1957年以降発生はしていません。

しかし台湾という近くの国で発生したので
日本でも狂犬病が入ってくる可能性はありえます。

日本の飼いの狂犬病予防接種の接種率


現在日本では飼い犬に年1回の狂犬病予防接種が義務付けられていますが、
この接種率は何と日本国内に飼われているおよそ1300万匹の犬たちの
40%にすぎないそうです。

正直驚きました!

もし日本に狂犬病が入ってきたら
狂犬病予防接種がされていない犬は
おそらく目の敵にされると思います。
(※実際は哺乳類すべてに感染する病気ですが、
犬という名前が付いている事により
犬だけから感染する病気と誤解されている事が多いからです)

新型インフルエンザが日本に入って来た時、
それはものすごい騒ぎになっていたことを覚えていますか?

日頃マナーなどの件で犬を飼うことをよく思っていない人から
ここぞとばかりに責められる可能性もあります。

ネットでデマも広がるかもしれません。

そうならないためにも、狂犬病の予防接種率をあげて
また、普段から他人に迷惑をかけない飼育を心がけたいものですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

15 : 29 : 14 | 時事 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |