犬との生活で模様替えする時の注意
2013 / 11 / 19 ( Tue )
模様替えを行うと今までと部屋の雰囲気ががらりと変わります。

部屋の雰囲気が変わるということは、環境が変わるということ。

犬は個体差はありますが、環境の変化に敏感です。

そこで今回は部屋の模様替えをする際に気を付けたい点をお話します。
  • トイレ環境の注意
  • 目の見えない子への配慮

トイレ環境の注意


環境の変化が原因で乱れることがあるのがトイレトレーニング。

模様替えでトイレの位置が変わったり、
トイレの隣りに合った家具が変わるなどすると
一時的にトイレを失敗することがあります。

トイレをシーツと場所と合わせて覚えている場合は
特にこの傾向が強いです。

犬も急にトイレの雰囲気が変わって混乱をしているので
失敗は大目に見てあげて、トイレの位置を教えてあげると
すぐに戻ることが多いようです。

私達が思っている以上にわんこは繊細なんですね^^

目の見えない子への配慮


目の見えない子は記憶や感覚を頼りに物をよけて歩きますので
急にすべての家具が全く違う場所に配置されると
物にぶつかってしまいます。

こういった子を飼っている場合はあまり大規模な模様替えはせず、
ぶつかりそうな場合はクッションを置くなどして
対処してあげましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 46 : 19 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |