犬のトイレ環境のちょっとした一工夫
2014 / 02 / 21 ( Fri )
トイレ以外での失敗を防ぐことがトイレトレーニングの一番の秘訣!

トイレが完璧にならない子と言うのはあと一息で良くなるのに、
そこでついつい失敗の経験をさせてしまい、
結局7割ぐらいの成功率かな~;;というようになってしまいます。

なかなかトイレ自体を覚えない子はこちらの記事も参考にしてください。
>>なかなかトイレを覚えない犬の改善法

ではトイレを失敗させないために出来ることと言えば・・・?

簡単なようでうっかり見逃しがちな
トイレの工夫をお話します。

スペースはかなり広めにとる


toirekuhuu.jpg犬によってはシーツの上をクンクンくるくる
かなり動き回ってする子がいます。

体のサイズから少し大きめのサイズがシーツを選ぶ基準になっていますが
体よりも二回り以上大きいスペースにするとかなり失敗が減ります。

特にウンチをする時はかなり動き回るので
広めにとってあげるとはみ出したりしない様です。

我が家はウンチの時なんでいつもはみ出ている事が
多いんだろうと思い見ていたら、
踏ん張った後にスペースが狭くて踏ん張りきれなくて
お尻にくっついたままのウンチが
どうやらシーツを出た時に落ちていたようでした(笑)

ちなみに我が家ではMシュナですが使い捨てレギュラー二枚の下に
ワイド2枚を敷いています。
ほぼレギュラーにしてくれるのですが
使い捨てな分、量の多いおしっこのときなど吸収しきれない事もあるので
最近はこのシーツで汚れた所を変えています(^-^)

部屋の移動範囲は狭くする


部屋は広ければ広い程トイレの難易度は上がります。
トイレまでの距離、トイレ以外の誘惑物・・・
間違えそうなものがたくさんですね!

狭い部屋ならおそらくトイレの成功率が上がります。
そもそもトイレが分かりやすくなるからです。

広い部屋でどうしてもここに失敗されると言う場所があるのなら
物を置いて塞いでしまうのも良いでしょう。

行動範囲を狭めるためにサークルを設置できれば
サークルを設置してください。

後はいつも書いていますが、監視を徹底すること!
人が見ていないときに限って...というのが多いのであれば
絶対に目を離してはいけません!

その際に役立つのがケージやハウスです。
こちらに入れるようにもトレーニングしておきましょうね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

13 : 50 : 56 | トイレトレーニング | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |