成犬のしつけトレーニングの4つのコツ
2014 / 02 / 28 ( Fri )
さて、成犬にしつけトレーニングを入れることが難しい理由
前回の記事でお分かり頂けたと思います。

では成犬のしつけトレーニングはどのように取り組めば良いのでしょうか?
そのコツがこちらになります。

  • 根気よく長い目で取り組むこと
  • 飼い主さんの意識を改善する
  • 成功のきっかけを作るように工夫する
  • プロの力を借りる事も視野に入れること

根気よく長い目で取り組むこと


成犬からのトレーニングは子犬とは違い、
今までにしみついた習慣を変える事になるので
長い目で根気よくトレーニングをしていく事が必要になります。

長年の習慣を変えるのは一度その行動をリセットする事から始めるので
まっさらな子犬の吸収とは変わります。

行動のリセットは主に無視をして行うトレーニングで、
好ましくない行動に対して無視をして、その行動を減らしてから
好ましい行動を教えて行く等、段階を踏んで教えて行く事になります。

その点で根気よく、長い目で!が重要となります。

飼い主さんの意識を改善する


成犬のトレーニングで一番重要なのは飼い主さんの意識を改善することです。

今まで何年も行ってきた犬との暮らしを
変えなくてはいけないのは結構難しい事です。

自分の生活も変えなくてはいけないのでめんどくさくなってしまって、
途中で放棄してしまう方も大勢います。

これはものすごくもったいない事です。

絶対にこの子を良い子に変えたい!!という確然たる意識がないと
犬も頑張れません!

自分も変わることを意識して、
飼い主さんも参加型のしつけ教室や出張訓練などに参加してみましょう。

成功のきっかけを作るように工夫する


今まで覚えられなかったことは、実はあと一歩で覚えられたのかもしれません。

教え方を今までと変えたり、少し強引でもヒントを与えてみましょう。

成犬になると自我がしっかりして頑固になりますが、
子のヒントがうまくいって良い事があると学習できれば
驚くほど速く吸収が出来ます。

例えばフードを下におろして教える方法でフセが出来なかった子は、
リードを多少強引に下におろして、フセをさせて
体が地面についた瞬間にものすごく褒めてあげたら
次からすぐに出来るようになりました。

成犬になりできなくなった室内トイレなども、
外での排泄の時にシーツを近くに置くなどのヒントを置いて
少しずつ正解に近付けて行きます。

このように子犬の時とは違うアプローチが必要となりますが
それでも新しく覚えたり、覚えなおすことは可能です。

プロの力を借りる事も視野に入れること


あまりにひどい問題の場合は
飼い主さんの力だけでは改善しようとすると
逆に悪化してしまう可能性もあります。

特に噛んだり唸ったり吠えたりが長年問題としてある場合は
飼い主さんだけでは改善が難しいです。

成犬は子犬と比べ大きく、力がありますので
噛み等の問題が起きた時には大怪我をする事がありますし、
根本的に飼い主さんとの関係が崩れているのに、
その一点の問題だけ力づくで治そうとして
犬が反抗し、結局どうにもならなくなったりすることがあります。

その場合はプロに見てもらうのが一番です。
他の人に見てもらうと犬と飼い主双方に指摘を入れてもらえて、
良くなる事があります。

プロにトレーニングを依頼すると勿論お金がかかりますが、
周りの人に危害を及ぼすことになったらわんこが可哀想です。

自分で出来ない場合はしっかりとした
プロのトレーニングを依頼する事も
飼い主の務めだと思います。


最近成犬のしつけトレーニングに関しての御相談をよくいただくので
二つ記事にしてみました^^

しつけトレーニング自体子犬の時期で終わりの物ではなく、
楽しく続けて行く物です。

子犬の時に基礎を積んで、成犬になってもその基礎を忘れることなく
続けて行く事がとっても重要です。

なんだか難しい~という事ばかり書いてしまった気もしますが
成犬のトレーニングはまだ物事を理解していない子犬と違って
ある程度長年のコミュニケーションが取れているので
心が通じたり面白い事も多いですよ!
こんなことが得意だったのかと愛犬の新しい才能の発見等も出来ます!
成犬になると子犬を飼った時の新鮮味は薄れてしまって
ついつい今を変えることが億劫になってしまうことも多いですが
楽しんでトレーニングをしていきましょうo^-^o

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 48 : 52 | その他 | コメント(6) | page top
コメント
--初めまして。--

2年ほど前から元保護犬のコーギーと暮らしています。
実はこちらのブログにたどり着いたのは、まさに「成犬のトイレトレーニング」に困ったからでした。
・牛乳などで水分をたくさん取らせること
・ベランダで妥協してもいい
のアドバイスは目からうろこでした。

譲渡時、未去勢(今は去勢済みです)で推定6歳のオスで、トイレは完全外派。
賢いが頑固で、身を守るためなら威嚇なしで噛む、という子でした。
トイレ以外も手ごわそうだな・・・と思いましたし、実際いろいろ苦労はしましたが、
今ではみんなに「落ち着いた賢い良い子」と言われるほどになりました。

最初は一日4回くらいトイレ散歩に行っていましたが、季節によっては犬も辛いですし
歳を取ってからのトイレの近さや寒暖の差に弱くなることを聞き
こちらのブログを参考にさせて頂きながらトレーニングをして
開始から一週間で、ベランダでならば、できるようになりました。
お腹を壊した時もちゃんと窓を見て「ベランダに出して」と教えてくれました。

確かに完全室内の方がいいな・・・と思う時もありますが
犬の「本当は外でしたい」という気持ちを考えると、良い落としどころかな?と思っています。

不思議なのですが、そうして色々と新しく教えていくたびに
心が通じていく感じがして、とても楽しいです。

長くなってしまい、すみません。
これからもブログを楽しみにしています!!
by: エム * 2014/02/28 21:04 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/03/01 15:07 * [ 編集 ] | page top
--Re: 初めまして。--

>>エムさん
はじめまして、こんにちは!
保護犬コーギーちゃん、お話をお伺いする限り
かなりトレーニングに根気のいる子だったと思いますが
上手にトレーニングもコミュニケーションも取れているようで
素晴らしいと思います(^-^)
オスのコーギー自体ちょっと難しいところがあるのですが、
とても賢いので気持ちが通じると本当に良いパートナーになる子ですね♪

トイレに関しては、完璧を求めなくてもどこかに妥協点を見つけて
それでお互い困らなければ家庭犬としては良いのかなあと
最近はとても感じています。
完璧を求めると時間もかかり、お互いストレスに感じる事も多く出てきます。
なら、完璧じゃなくてもその子に合った方法でいいんじゃないかなと思うのです。
(これは私個人的に感じる事ですが^^;完璧主義のトレーナーさんもいます笑)

未去勢で今まで外トイレだった子がベランダで出来るというのは
凄いことだと思うのです^^ 外以外にも選択肢が一つ出来れば
その分精神的にもかなり安心しますよね!
ベランダで出来るようになったら、今度はコマンドを付けてみて、
それから気長にペットシーツ+コマンドで排泄を覚えさせていけば
いつかは室内シーツでも出来るようになるかもしれません。

一週間でトイレの新しい道が開けたのですから
まだまだ可能性はたくさん秘めていると思います。
トレーニング楽しいですよね!わんちゃんもイキイキしてるんじゃないでしょうか?
コーギーは教えた事の吸収力は本当に成犬でも凄い物がありました。
これからも楽しくトレーニング頑張ってくださいo(*^o^*)o
by: meg * 2014/03/03 09:33 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>いしやんさん
こんにちは!
しつけをされている成犬~は良いご選択だと思います。
こういった形で譲渡されて助かるわんこ達もいるので
私としてもオススメなのですが、しつけが出来ていても今までの生活習慣が
変わるので、その点はやはりちょっと苦労はありますね^^;
(でも子犬のハチャメチャから比べると~ではあります笑)

さてさて、あんずちゃんとってもいいスタートだと思います!
やはりトイレはブリーダーさんの方でそのようにされていたのかなと思います。
(それが一番管理のしやすい方法なので)
まずはその形を定着させて、少しずつ自分で入るように促して、
それが出来るようになったらサークルを外して...というように出来ればいいですね!
お庭でしか出来ないようにならなければ
お庭での排泄はお庭が排泄OKならしても問題ないと思います。
ペットシーツでの排泄を習慣にしておけば、ペットシーツでの排泄は忘れません。
なので、朝の排泄をシーツで行えれば、お庭でしても大丈夫だと思います。
我が家のワンは朝はシーツで排泄、お散歩でも排泄、夜シーツで排泄というように
交互?になっているので雨の日などはお家で排泄できます(^^)vこれが出来ればOKです!

クレートはもしかしたら無理やり入れられていたのかもしれませんね。
無理やりじゃなくとも、長時間入れられて特に構ってもらえなかった場所だと
思っているのかもしれません。
クレートも教え方によっては自ら喜んで入って行く場所なので、
これから楽しいクレートトレーニングをしたら変わっていけると思います。
>>犬に楽しくハウスを教える方法
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-61.html
基本的にある程度のことはできるけど、楽しさを知らないので
他にあんずちゃんにとって得な事があるとわかると
そっちに行動を変えてしまう可能性があります。
今だとクンクン鳴けば反応もらえるかな?と試している様な感じですね。
クレートに入る事を楽しくもう一度教えてあげれば、
あんずちゃんの場合クレートに入ること自体は慣れているはずなので
サークルよりも落ち着いて過ごせると思います。

現状サークルから出してあげるタイミングは
クンクンソワソワしていない時です。
落ち着いてくつろいでいる時に構ってあげてください^^

いずれにしろ、まずは新しい環境に慣れるのが重要ですね!
少しずつ良い所を伸ばしてあげればとてもいい子に育つと思います。

私に嬉しいお言葉ありがとうございます><
現在他の仕事をしており、なかなか出張出来ないのが現状です。
でもそう言って頂けると本当にこちらとしてもブログの更新しがいがありますd(*^▽^*)b
プロトレーナーですと、色々なトレーナーがいるのですが
褒めて伸ばすトレーニングをしていて実際に訪問してくれる出張トレーナーがオススメです。
「家庭犬」をよくトレーニングしている方が良いですね。
良い技術を持っているトレーナーでも飼い主さんと相性や考えが合わなかったら
なかなか続けるのもつらいので^^;

いしやんさんとあんずちゃんの楽しいわんこ生活の
サポートの一つに私もなれれば嬉しいです(*^▽^*)
by: meg * 2014/03/03 10:53 * URL [ 編集 ] | page top
--衝撃の事実--

こんにちは(^^)
クレートトレーニングの方法、ありがとうございました。早速始めました。食いしん坊なのでフードに釣られてくれるのは助かるのですが、何しろ食べ方が速い!噛まずに飲み込んでいるのでは?と思うくらい、正しくあっという間です^_^;
その原因のおおよその見当は付きました。

今日、爪が伸び放題になっているのも気になるし(何かに引っ掛けたら大変)、健康状態も心配なので近くの獣医さんに連れていきました。
そこで解った衝撃の事実、4歳になったばかりではあり得ない歯石きの付き具合などからも推定7~8歳と言われました(@_@;)
まあなんだかいい加減なブリーダーさんなので、もしかしたら年齢も詐称してるかな?とは薄々思ってはいたのですが、まさか倍の年齢とは・・・・
耳の中も掃除していただいたのですが、耳垢が石の様に固まってしまっていて・・・(;_;)

白いミニチュアシュナウザーは珍しいのだそうですね。だからか産ませるだけ産ませて用がなくなったので<`ヘ´>里子に出したのではないかと先生も仰っていました。
体重も4.7キロしかなく、この背丈から言ったらガリガリで栄養が足りてない状態だそうで、相当苛酷な環境に置かれていたようです。
食事も早く食べないとなくなってしまう環境だったのでは?という事でした(;_;)
とても優しい先生と看護士?さんで看護師さんはこんな状態のワンちゃんを最近見てないと涙ぐんでおられました。私も話を聞きながら胸がしめつけられられるように悲しかったです。ここでも助けてくれてありがとうのお言葉をいただき、なんだか恐縮してしまいました^_^;
精神的にも傷が深いかもしれないのでたくさんかわいがってあげてください、90%ほめて後の10%で躾けてあげてと言われました。
もちろんです!すでにかわいいあんず!
ですが・・・
90%対10%の比率でやさしくしすぎてわがままになってしまうなんてことはないのでしょうか?メリハリ難しいですね?
初心者の私にはかなりのハードルに感じてしまっています。
心配や不安がつきないもので、いつも長々と申し訳ありません。




by: いしやん * 2014/03/04 18:37 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 衝撃の事実--

>>いしやんさん
こんにちは!
食いしん坊は何かを教えるのに本当に長所なので、
きっとこれからどんどん吸収していけると思いますよ~!
(反対に拾い食いなどに注意が必要ですが><)

あんずちゃん白シュナちゃんだったのですね。
純白でとても綺麗ですよね~!
なのでこれからいしやんさんのお家に来て
愛情たっぷり健康状態が良くなったら
きっとどんどん綺麗な子になっていくと思いますよ^o^
4歳でももしかしたらあまりに劣悪な状況なので
7歳以上のようになっているのかもしれないですし、
本当に年齢詐称していたのかもしれないですね
(若い程引き取り手はあると思うので・・・)
本当にひどい話です・・・。

しつけの件、皆さんよく勘違いされるのですが
優しくしたり褒めたりするのと、甘やかすことはちがいます。
優しい笑顔で褒めてあげて良い行動を伸ばしてあげると言うのが
一番良いしつけ方法ですね^^
甘やかすのは、鳴いたら可哀想だから構ってあげる、
物欲しそうにしていたからおやつをあげる、
嫌がるからお手入れはやめてしまったなどなど・・・です。
これは優しさではありません!
わんちゃんが混乱してしまうだけなのです・・・!
人に迷惑をかけたり、あんずちゃんに危険が及ぶ行動をした時などは
きっちり叱ってあげてください。
その行動をしなかった時には褒めてあげてください。
これがメリハリです。

その違いが分かれば、必ず良い関係が築けると思います。
いしやんさんの気持ちは絶対にあんずちゃんに伝わります。
自信を持ってあんずちゃんに接してあげてくださいね^^
by: meg * 2014/03/05 13:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |