リードの力に頼らないお散歩が役立つとき
2014 / 05 / 28 ( Wed )
先日愛犬の散歩のついでにクリーニング屋により、
コートを取ってきたのですが、
予想以上にかさばってしまい、両手が塞がってしまいました^^;;;
しかし、ここまできたら持って帰るしかない!
愛犬に頑張ってもらうしかない!

ということで、リードを鞄の紐にかけて
すべて「ツイテ」の口での指示だけで進んでいきました。

人とかなり近くですれ違うときは
集中を取って強めに指示をかけます。

人通りや車通りもあるところですが、
普段から練習していたので、上手に歩くことが出来ました

リードの力に頼らず、指示で人の側について歩くこと。
こういったもしもの場面で役に立つことがあります。
>>リードの力に頼らないで愛犬と上手に歩けますか?

普段引っ張りさえしなければ
そこまでかしこまった歩き方なんて必要ないと思っている方も
こんな時があるかもしれないのでツイテを練習してみるのも
良いと思いますよ!^^
というか、私は思いました(笑)

そして計画的に荷物は運ぼうと思いました(苦笑)

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

13 : 45 : 02 | お散歩 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |