犬猫殺処分ゼロ計画のモデル地区選定
2014 / 06 / 04 ( Wed )
またまた気になるニュースが飛び込んできましたので今回はこの話題です。

犬猫殺処分ゼロへ計画=モデル地区を選定―環境省

オリンピックに合わせて恥ずかしくないように
というのがよくわかりませんが^^;(遅い…)
良い試みだと思います。

犬の殺処分数は
平成24年4月1日から平成25年3月31日までのデータで
38,433頭とあります。

処分の方法は安楽死などではなく、炭酸ガスによる窒息死です。
体力のある子や若い子は窒息せず、
そのまま生きたまま焼却炉へ行くこともあるそうです。

お金儲けしか考えない悪徳ブリーダーの持ち込みや、
安易な飼育から飼いきれなくなり
持ち込む飼い主にもちろん否があります。

苦しむ様子を見ることもせず、他人に処分をさせて、
また新しい子を買う…
こういった人に処分のボタンを押させるということは出来ないのかと、
この処分数を見るたび思います。

処分数を0にするにはセンターの努力だけではなく、
こういった人たちへの対処がもっと必要になってくると思いますが、
とりあえず殺処分0計画として
大きな一歩になってほしいなと思います。

また神奈川県平塚市の愛護センターでは犬の殺処分数が0になったようです。

「犬の殺処分ゼロ続けます」 神奈川・黒岩知事が宣言

全国で殺処分が0になるために、
こういったことも情報として
どんどん広めて行ければと思います。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

13 : 40 : 31 | 時事 | コメント(4) | page top
コメント
----

お久しぶりです、こんにちは。今回の記事、じっくり読ませて頂きました。殺処分の件、時々街中で動物愛護のボランティア?の方々が募金や署名などの運動をしているのを見かけますが、本当に胸が痛くなりますね。うちの子も、もし誰も他に引き取り手が現れてなかったら、と想像するとゾッとしました。たとえ捨てられたとしても、一匹でも多く優しい人たちの元に引き取られて、幸せな余生を過ごしてもらいたいです。。

ところで、トレーニングの件で今悩んでいるのですが、アドバイスをお願い致します。うちの子、今やっとボール遊びに興味を覚え始めて、「持ってこい」を教えたいと考えています。教え方はボールを投げ、咥えたら「持って来い」のコマンドをかけて餌を見せつつおびき寄せて交換、という形でしているのですが、ボールを投げて後を追うものの、少し咥えて落とし、後は餌欲しさに駆け寄ってきます。ボールにちょっとでも触れば餌をもらえる、と思ってしまっているようです。最後まで咥えて持ってきてくれるようになるには、何かポイントなどはありますでしょうか?ぜひ教えてください。長文失礼致しました。
by: あんず屋 * 2014/06/05 22:24 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>あんず屋さん
こんにちは!
本当にすべての子が幸せになって欲しいですね。
ブログに書いて関心を持ってもらうということだけでも
小さなことですが何かに繋がれば、と思っています。

あんずちゃん楽しいことを見つけ始めたのですね!
今現在のあんずちゃんの中で
まだおもちゃ<おやつなんだと思います^▽^;

文章が長くなってしまったので
今回のアドバイスはブログの記事にしてみました。
こちらご参照いただければと思います^^

犬に途中でおもちゃを落とさずにモッテコイさせる方法
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-712.html
by: meg * 2014/06/06 14:53 * URL [ 編集 ] | page top
----

オリンピックに合わせて、というのがお役所の考えそうなことで若干イラッとしますが(笑)、方向性としてはいいですよね。

私は地元の動物保護NPOを応援しているんですが、そちらの情報を見ると、最近は高齢者が自分の体調不良のため元気な子犬を飼いきれなくなって、保健所に持ち込むケースも多いそうで、あらかじめ予想できる事態なのになぜ、、と思います。

ドイツのように事前教育とか、犬猫をかうための免許や登録制のような仕組みがあればいいのになあと思います。
by: はぎ子 * 2014/06/08 09:47 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>はぎ子さん
こんにちは!
>オリンピックに合わせて、というのがお役所の考えそうなことで若干イラッとしますが(笑)
・・・ですね(笑)

今後ペットが家族と言われるようになってからの高齢化社会となるので
そういった状況はまた増えてきそうですね・・・。
きっと、予想出来ても一緒に暮らしたかった、ということなのでしょうね。
難しい問題です。

>ドイツのように事前教育とか、犬猫をかうための免許や登録制のような仕組みがあればいいのになあと思います。
本当にそのとおりだと思います。
まず、犬を飼う前にその犬種のこと、特に問題点となることを
知らない人が多すぎるなと感じます。
ショップはいいことしか言わない、といいますが、
飼う側もその店員を打ち負かすことが出来るぐらい
その犬種のことを勉強してほしいなあと思います…。
(ダックスが吠える犬種なんて知らなかった、
とかそういったことを何回聞いたことか^^;;;)
by: meg * 2014/06/10 16:48 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |