犬がおもちゃを持って来やすい状況を作ってあげよう
2014 / 06 / 11 ( Wed )
前回に引き続き、モッテコイを上手にするコツについて
今回もお話してみます。

物を咥えて持って来やすい状況を作ってあげて
楽しい経験をさせてあげると
犬はどんどんおもちゃ運びが楽しくなっていきます。

下記のようにして犬が楽しくなる状況を作ってあげましょう。

  • 犬のテンションを上げてあげる
  • おもちゃを咥えることは楽しいと教えてあげる
  • 飽きない・集中力が切れない距離(短い距離)で投げてあげる
  • オイデ(呼び戻し)は完璧に
  • 途中で落とさせること、持って来ないことを経験させない

犬のテンションを上げてあげる


普段の犬の行動を見ているわかるのですが
犬は興奮したりすると物を咥えやすく、
興奮が続くと物を放さなくなります。

洗濯物を咥えて大きな声で叱ったら余計興奮して
洗濯物を咥えたまま走り回ってしまったなど経験がありませんか?

口におもちゃを咥える=興奮している時の行動

これを利用してみましょう!

テンションのオンオフをこちらでコントロールしてあげます。

人間の高い声を聞くと犬は犬は興奮しやすいですね。

口におもちゃを咥えたら高い声をかけて
テンションを上げて興奮させましょう。

声をかけてあげて興奮度を維持してあげると
口から物を落としにくくなります。

持って歩いている時もよく声をかけてあげましょう。

おもちゃを咥えることは楽しいと教えてあげる


おもちゃを咥えたら一緒に走り回ってあげたりもいいでしょう。

犬と遊ぶときは全力でバカになる、は私の座右の銘でもあります(笑
こっちもテンションを上げて本気で向き合ってあげてください。

飼い主さんと一緒に楽しめる事としてイメージ付けてあげると
おもちゃを咥えて走ることもどんどん楽しくなっていきます^^

飽きない・集中力が切れない距離(短い距離)で投げてあげる


どんなトレーニングでもそうですが最初は低いレベルから行いますので
モッテコイもかなり短い距離から行います。

短い距離なら途中で落とす確率も減ります。

オイデ(呼び戻し)は完璧に


オイデ(呼び戻し)が出来ない状態でにモッテコイはしてはいけません!

戻ることを理解していないのにおもちゃを投げてしまうと
興奮しているので何処かへ逃走する率が上がります。

まずはオイデを完璧にして「戻ってくること」を徹底しましょう。

途中で落とさせること、持って来ないことを経験させない


失敗の経験を積むと段々やる気がなくなってきて、
おもちゃに対しても興味がなくなってきます。

成功させるためにもリードを付けて行うなど
失敗防止策は取るようにしましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

16 : 46 : 19 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |