子犬の室内トレーニングと室外トレーニングについて
2014 / 09 / 18 ( Thu )
子犬のトレーニングを始める場合、
まず最初は室内でする、というのがトレーニングの秘訣です。
※室内飼育の場合。室外犬は庭などの敷地内。

これには下記のような理由があります。
  • 室内は室外に比べて外部の刺激が少ない
  • 室内は普段の生活環境なので慣れやすい

特に子犬は外の刺激に対してまだまだ学習段階で、
刺激が気になってトレーニングは難しいという事が多いです。

このため、まずは室内でのトレーニングを一通り終えてから
室外の家の近くなど刺激の少ない場所を選び
一つずつ階段を登るようにトレーニングをしていきます。

一段一段一歩ずつ確実に!


20140918nicole.jpgこの階段をうまく登らないで、
「室内じゃなくて外で出来ないと意味が無い」と
一気に上まで行こうとしてしまうと
うまく行かず人も犬もどっちもイライラしてしまって
なんだかトレーニングってめんどくさいな、
面白くないなと思ってしまい
そのまま自由奔放にさせてしまう・・・
そうして問題のある子が出てきてしまいます。

おそらく、犬を飼う人は
「犬は意思の疎通が出来て、指示をしたり、
一緒に何かを楽しむことができる」
ということに大なり小なり憧れて
犬と暮らし始めていると思います。

それは本当に素晴らしいことなので、
諦めてしまうのは勿体無いです。

飼い主さんはその子を愛する一番の良き理解者ではありますが、
トレーニングに関してはプロではないからこそ、
ゆっくり一段一段登って行くことがより大切なのです。

焦らずゆっくり、まずは室内トレーニングを極める!

室内で出来る誘惑、思った以上にたくさんあります。
その誘惑に勝てますか??

勝てたら次の段階へ進んで行きましょう。
勝てなかったらまだまだ室内の誘惑トレーニングを続けましょう!^-^

次回は室内誘惑トレーニングについて
詳しく課題をあげてみます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 57 : 46 | 子犬と始めるトレーニング | コメント(6) | page top
コメント
----

ご無沙汰しています。

我が家のきららは子犬ではないのですが
色々な事が出来ないので今躾中です。
何しろ同じ場所の隅っこに一日中居るので
少しずつ別の部屋にも行ける様にちょっと無理に連れて行ってそこでしばらくいる様にしています。
その時は私も一緒に居ないとすぐに自分のところに戻ってしまうので私も一緒に居るんです。

今日は洗面所と洋間を見せて歩かせました。
和室にきららのお布団を敷いていますが...
最初はつ立ったままでいるのですが
そのうち(暫くかかりますが)お座りになり、そのあとは伏せの状態になるので私も傍で座って一緒に過ごします。
この状態になるまで気長に待っています。  

パパさんの事は恒に気になる存在で
一緒の散歩はたまにしかできません。
と、いうのは外へ出たとたん失禁してしまうのでついついと....
でもたまにのパパさんとのお散歩は凄く上手く歩くんです。
尻尾の状態も歩き方も毎日やっている私より歩き方はきれいなんです。
私の時は引っ張り気味になります。

きららにおいでぇ~と言っても来ません。
まだ私たちの事は信頼していないのか怖いのか....そのことは気になります。
ショコラはすぐに懐いてきたんですけどね。

今日はシヨコラとぺんの....ピンポンの反応の躾をしました。なかなか出来ないのですが今日は手ごたえありでちょっと嬉しくなりました。

こちらも頑張ってみようかと思っています。

先生のサイトでは色んな事が載っているので参考にしています。
ありがとうございます。


by: みいやん * 2014/09/19 14:27 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>みいやんさん
こんにちは^^

きららちゃんはゆっくりと時間をかけていきましょう。
しつけというよりは、今まで経験していなかったことを
少しずつ少しずつ学習しているような、そんな感じだと思います。
成犬になると子犬と違って新しいことに関して
閉鎖的になっているので、新しいことは少しずつ・・・です^^
みいやんさんはわんこたちの接し方、
距離の取り方がとてもお上手だと感じます。
良い距離感で負担にならないぐらいの慣らしを出来ていると思います。
なので、だからこそやっぱりあとは時間だと思うのです^^

ショコラちゃんとぺんちゃんのピンポントレーニングも
手応えがつかめたとのことで良かったです!
ピンポンに反応しないほうが良いことがあると教えていってあげましょう♪

成犬で新しいことを教えてみるのは根気がいるので
なかなかみなさんできない(しようとしない)のですが、
みいやんさんは今より良くしてみたいという気持ちがあって
とっても素晴らしいと思います!
その気持ちがあればわんこもきっと応えてくれますよ!^o^

頑張っていきましょう♪
by: meg * 2014/09/22 17:57 * URL [ 編集 ] | page top
----

ありがとうございます。

あれから毎日きらら、ショコラ、ペンも一緒に三頭を連れて散歩に出かける様になりました。
その時には外へ出でからパパさんにきららはバトンタッチします。
そしてその時はまず私が庭でおしっこをさせてから出かけます。
パパさんがリードを持つとどこでしてしまうか分からないので(笑)
未だ緊張感はある様ですが少しずつ慣れさせていきたいと思っています。
来た当初の事を考えると外に出るのも引きずって出していたほどですしパパさんがリードを持つと一歩も歩けなかったしそれを考えると今は凄い進歩なんだなっと思います。
以外に頑固なところがあるので何年もかかっても良いと思って接していきます。
時間が解決してくれると思って....

ピンポンの躾は一人ではできないのでなかなかです。
毎日やりたいのですがパパさんの協力が必要で...男の人はこういうのはだめですね。根気が....(笑)
でももう少し頑張ってみます。

お忙しいところご回答ありがとうございました。
励みになります。
by: みいやん * 2014/09/24 11:18 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんにちわ、いつも、参考にしています、今回、保護犬の一時預りをする事にしました、今回は、多頭飼い崩壊の、シーズー君を預かります、家には、室内飼育のラブラドールのレオとアトムがいます、4才オス、注意点などありますか?二階には、カニヘンの、ルー君がいます、オス、一才です
by: レオまま * 2014/09/25 13:10 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>みいやんさん
こんにちは。

そうですね、きららちゃんはきららちゃんの速度で
ゆっくり進歩していっていると思います^^

ピンポンはなかなか一人だと難しいですよね^^;
ピンポンは音と飼い主さんの動作、来客など
いろいろな要素がきっかけで吠えてしまうものですが
その中の一つの要素「音」に対しては
みいやんさんがわんこを抱っこして外に出て、
ピンポンを鳴らすことで「音」自体を
近くで聞かせて慣らす事ができますので
試してみてくださいね^^ 
この時音とともにおやつを与えるのが効果的です。
by: meg * 2014/09/25 17:13 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>レオままさん
こんにちは、お久しぶりです^^
その後わんちゃんたちは住居を1F2Fと別にして生活している状態でしょうか?

シーズーくんの性格がわからないのでちょっと難しいですが、
出来れば外でみんなと会わせてから家の中に入れてあげるようにして
挨拶をして顔見知りにしてから仲間入りさせてあげて下さい。

最初のうちはシーズーくんをサークルなどに入れて、
短期間他の子たちを会わせるようにしてあげてください。

シーズーくんとルーくんは小型犬同士なので
相性さえ合えば一緒にいても問題ないかもしれませんね。

いずれにしろ、シーズーくんの性格がどのような子なのか
(他犬が大丈夫な子なのか、怖がりな子なのかなど)によって
接し方は変わってくると思うので、
焦らずゆっくり経過を見てあげて下さい。
by: meg * 2014/09/25 17:21 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |