犬の目ヤニと目の周りのケアについて
2014 / 10 / 07 ( Tue )
犬も人間と同じように目ヤニが出るのですが、
その色や形状は様々です。

目に異常があると涙や目ヤニが出やすくなるので、
目ヤニの有無や状態のチェックは
毎日かかさず行うようにしましょう。

目ヤニが出る原因


目に傷がついたりして炎症が起きたり、
感染症にかかったりすることが目ヤニの原因として挙げられます。

目ヤニが出やすい犬種


  • 目が大きく突出している犬種
  • 被毛が目にかかる犬種

これらに該当する犬は他の犬と比べて
目に刺激が入りやすいので、
目ヤニや涙が出やすくなります。

他に体質的に出やすい子もいます。

目ヤニの色を観察しよう


目ヤニは目の状態によって色が変わりますので
目の状態を知るサインにもなります。

黒やグレーっぽい色の目ヤニは健康な犬にも
よく見られるものですので、多くは心配がいらないものです。

白っぽかったり黄色っぽい目ヤニは要注意で
さらに目が赤く充血している場合は結膜炎角膜炎などの
病気の可能性がありますので獣医さんに相談しましょう。

目ヤニのケア


普段から目ヤニが出やすい子は、
目ヤニが出たら湿らせたコットンなどで
優しく取ってあげるようにしましょう。

目ヤニが固まってしまうと取れにくくなり、
毛に絡まり被毛を汚したり、
取るときに痛みを感じるようになってしまいます。

こういった経験が起きると
目元のケアをさせてくれなくなってしまうので、
目ヤニは柔らかい状態のときにさっと取ってあげるようにしましょう。

こういったケアや点眼の際に目の周りの刺激に
慣らす必要があるので、小さな頃から目の周りも
触れるようにトレーニングしていきましょう^^

またテリアなどの剛毛な犬種や毛の伸びるトリミング犬種は
目に毛が当たっていないかチェックしてあげて、
当たっている場合はカットしてあげて下さいね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 18 : 11 | 犬のお手入れ | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |