室外犬の逃走防止について
2014 / 11 / 26 ( Wed )
先週のニュースですが、気になる記事がありましたので…

通学路の児童、泣き叫びパニックに 犬にかまれ7人けが 朝日新聞デジタル

急に自由になって、興奮状態になってしまったときに
犬にとって興奮を高める高い声を出すたくさんの子供を
見つけてしまったことから起きてしまった事故です。

飼い主のいない、制御のない、興奮・恐怖状態、という
特殊な状態なのでどんな子でも起こしてしまう可能性は
あると思います。

しつけをしている、普段はフレンドリー。
そういう子でもあり得るということですね。

結論どう予防すればいいかというと、
やはり「逃走防止」しかないと思います。

今回は室外犬のニュースでしたので、室外犬の逃走防止について
お話をしておきます。

  • 首輪の確認
  • 鎖の確認
  • 逃げられる箇所はないか確認
  • 危険犬種は適切な檻を使用しているか

首輪の確認


首輪の劣化で首輪が切れてしまったり、
首輪のサイズがあっておらず、緩すぎて抜けてしまう、
いわゆる首輪抜けを起こしてしまうことによる逃走が多いです。

首輪の確認は怠らないようにしましょう。

鎖の確認


こちらも首輪と同様劣化をしていると外れてしまうことがあります。

ナスカン部分の破損などもチェックしましょう。

長期の係留に向いていない素材のリード(布、ナイロンなど)の使用はやめます。

逃げられる箇所はないか確認


飛び越えられたり、穴を掘る可能性はないか、
犬の飼育環境を確認しましょう。

柵の中で離していたら柵を飛び越えたり、
地面が土の場合は穴を掘って外に出たという子もいます。

特に逃走癖の強い子はこれらの防止を全力で行う必要があります。
(野性味の強い犬種の方が逃走癖があるように感じます)

飛び越えられないように柵には高さと天井を付けたり、
地面は掘られないようにコンクリートにするなどの対策をします。

危険犬種は適切な檻を使用しているか


土佐犬などの危険犬種
飼育の際に原則檻飼いにするなど、条例によってはかなり厳しく定められています。

これはこれらの犬種が逃走した際に他の犬種よりも
大きな事故を引き起こす可能性があるからです。
(今年の4月にノーリードの土佐犬による死亡事故もありました)

これらの犬種を飼っている場合は逃走に関して特に注意をし、
人に危害を与えることがあるという自覚をもつことが重要です。

この自覚が犬を守ってあげることにつながります。

噛まれてしまった子供たちの傷と心の傷が早く回復して
犬のことを嫌いにならないでほしいと願うばかりです。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 43 : 13 | 時事 | コメント(10) | page top
コメント
--見ました・・・--

そのニュース、私も見ました・・・。
子供が可哀想なのはもちろんですが、犬も可哀想と思ってしまいました。

我が家はマンションなので逃走の可能性は低いですが
散歩中の逸走などを含めれば他人事ではないので、気をつけようと思いました。

子供の頃、近所で飼われていた土佐犬に追いかけられたことがあります。
自宅まであと数メートルという場所だったので無言で物置に逃げましたが
吠えながら物置のドアに体当たりしてきたのには、恐怖は感じました。
「(闘犬として)大会に出て優勝した」と言っているのを聞いたことがあったので余計に・・・。

今思えば「走っちゃだめだよ」って思いますが、子供ですから・・・
7・8歳の頃の私にはそんな冷静さはありませんでした(^^;

飼い主さんと言っている人も名乗り出たそうなので
双方に良い結果になればいいのですが・・・。
by: エム * 2014/11/26 19:12 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 見ました・・・--

>>エムさん
こんにちは。

どちらにもかわいそうな出来事でしたよね。
わんこ殺処分はされないようなので、そこは良かったです。

闘犬に追いかけられるなんて怖い思いをされたんですね!><;
闘犬種は犬ですが、ある種の状況になると猛獣のようになるので
本当に注意すべきだと思います。
エムさんがご無事でよかったです。

犬と暮らしてると家族のようになってしまい忘れがちですが、
彼らには立派な犬歯があるということを
覚えておかなくてはいけないですね!
by: meg * 2014/11/28 15:15 * URL [ 編集 ] | page top
----

室内わんこでもお散歩の時に、テンションがあがるので玄関出るときはやはり気をつけていますが。
待て座れして飼い主が先に出てからドアから出しますが、やはりわんわんと無駄吠えMaxとなります。
あの小学生に噛みついたわんこさん、処分されなくて良かったです。
子供が騒ぐので余計に、興奮するんでしょうね。
おとなしいと思っていたゴールデンに先代わんこと散歩中襲われてとっても怖い思い。
わんこをねらったのでとりあえずわんこを自分の下に隠したら、私に馬乗りになってきてお散歩バック、靴を投げて応戦。
帰り道靴下で帰ってきたことをおもいだしました。
特種なわんこを飼ってる方はより注意がいりますね。
ペットショップでロットワイラーとアメリカンピットブルテリアのMix犬が売られてましたが、
あの子は幸せに暮らせてるのかたまにおもいだします。
安易な繁殖があとをたたないのが、かわいそうなわんこをつくることを認識してほしいですね。
by: ココアまま * 2014/11/28 17:13 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ココアままさん
こんにちは。
そうですね、やっぱりお外に出るというのは
それだけワンちゃんが興奮しやすい状況なので、
それこそ急に自由になったこの子は大興奮だったのだと思います。

私も意図せず放されたわんこに先代わんこが襲われたことがあり、
とても怖い思いをしたことがあるので、お気持ちよくわかります・・・。

特殊な、一般的に見て他の人に恐怖を与えてしまいやすい犬種は、
脱走をしてしまったら他の犬種より周りが驚いて、
大きな声を出したりしてしまうこともあり、
それがさらにわんこの興奮をあおってしまう可能性があるので
それも怖いなと思いました。
(飼い主さんにとってはかわいい子でも…という認識が特に必要ですね)
それはかなりのmix・・・・ ちゃんとした飼育をされないと
想像しただけで不安になりますね・・・
繁殖や売る側に関しては本当にそう思います。
by: meg * 2014/11/28 18:06 * URL [ 編集 ] | page top
----

うちのコギ子がまだ若かった頃、
生理の匂いを嗅ぎつけたどこかの外飼い犬が、
鎖を引きちぎって我が家を訪問してきたことがありました(笑)
発情している雄犬くんは、より注意が必要かもしれませんね。
(犬は悪くないんですよね)

家人は腹を立てて、一瞬叩いてやろうかと思ったそうですが、
雄犬くんがキョトンと可愛い顔をしていたので、何とも出来ず
「放し飼いで迷惑しています」
と首にメモを下げさせて帰らせたそうです。

玄関内ではパンツを履いたコギ子が雄犬に怒ってほえまくっていたそうです。(笑)
by: はぎ子 * 2014/12/01 19:01 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>はぎ子さん
そういうこと、ありますよね(苦笑

発情のにおいを嗅いだオス犬って本能なので、
しつけでもなかなか止めるのは難しいです。
管理に粗があったらここぞとばかり逃げてしまうでしょうね;;
それもあるのでより一層未去勢未避妊のわんこは
気を付けてあげなくてはいけませんね。

コギ子ちゃん、気が強い!(笑
by: meg * 2014/12/02 15:53 * URL [ 編集 ] | page top
--近況・・・--

お久しぶりです。
あれから、もう一度環境をかえて頑張っていました。
家事などで観察できなくて管理出来ない時の為のフリーの仕方を変えました

①リードは外しゲージの周りを背の低い(飛び越えは出来ない高さ)すのこで囲み行動範囲を狭めた。
自分のストレスを無くす為にも、囲んだ場所はビニールのカーペットを敷いて粗相しても大丈夫なように準備

②トイレはゲージ内の他にゲージの外ですのこで囲んだ範囲にもう一つ置いて見ました。
2個置くのは私的には本意では無かったし、2個置くのは逆に迷ってしまう?とも考え、良いのか悪いのかも解らなかったのですが、取りあえずやってみました。

すると…勿論、失敗はする時も有るのですが、おトイレにもっどってする確率が上がって来たのです。
不思議なのは、どちらのトイレも使用します。
比較的、ウンチはゲージの外のトイレが多い気がします。ゲージの外と言っても直ぐ真横なのですがね…

その成功率が上がって来たのですのこでフリーにするスペースを広げてみました(急遽、すのこ買い足し(笑))

そうしたら、倍のフリーのスペースになっても戻っておトイレが出来る様なってるんです!(^^)!
まだまだ、
監視は必要ですが、少し先が見えてきて頑張れそうです!(^^)!

しかし、一つ問題が解決に近づくと、別の問題が気になり始めますよね^_^;

最近、警戒吠がすごくなって来たのです。
家族が帰って来ても顔を見て確認するまで
吠えています。
頑張って、しつけしているのですが、中々…
最近は子供達がいつもと見慣れない服を着てだけで、吠えます。
直ぐに気づいてやめるのですが…
我が家は二世帯で、玄関が1Fに有る為、
玄関で用事を足していると、リラは見えないからずーっと吠えてるんです(*_*)
帰宅して、玄関を開けて、声を下からかけているのですが、私の顔が確認出来るまで吠えているので困ってます。
by: リラッチ * 2014/12/06 11:28 * URL [ 編集 ] | page top
--追伸--

体を触られるのを嫌がるんです…(*_*)
ブラッシングをしようとすると獣の様な(笑)顔つきになって威嚇してきます。
なので、ブラッシングの時は時間のもつガムのおやつを与えて、夢中になっている時にするのですが・・。
ほんの束の間で(T_T)
仰向けになんてなってくれなしい…
小さいい時から体を触る癖を上手にしてこなったからだと思うのですが…。
自分から、私の膝に膝にのっかてきてまったりはするのですが、こちらから抱っこしたり、触ろうとするのは嫌なようです。
猫みたいですよね^_^;
by: リラッチ * 2014/12/06 13:19 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 近況・・・--

>>リラッチさん
こんにちは^^

トイレトレーニング少し進展したようでよかったです!
トイレの数ですが、初めは二つあってもいいと思います。
「トイレ」を完全に覚えたら減らしていけます。
ただ、今の状況で失敗がないのなら確実にそれがリラちゃんに合っていますし、
ウンチは外の離れたトイレにするというのも
やはり本能的に少しでも寝床から離れた場所として
選んでいるからかと思いますので、
その気持ちは尊重してあげてもいいのかなと思います。
(それでうまくいってお互いストレスがないのであれば
やっぱり私はそれでいいと思います)

警戒吠えに関してですが、家族に対して吠えが起きているというと
少し複雑になってきます。
まず、お座り、伏せ、マテなどの基本的なトレーニングを行っているか、
家族全員がリラちゃんに対してトレーニングをしているか、
それだけでも犬と人の関係性がちょっと変わってきます。

さらに特に吠える対象になっているご家族は
リラちゃんとどれくらい一日に一緒にいる時間があるか、
お世話、トレーニング、をどれくらいしているか、
それによっても変わってきます。
やはり過ごす時間、接する時間が少ない人に対しては、
犬は警戒を抱きやすいです。

リラッチさんが家にいて、ご家族が帰宅するときに吠える、
というような場合はリラッチさんがリラちゃんを落ち着かせるよう
コントロールできればいいですね。

リラッチさんに対しての吠えは警戒というよりも
こっちに来てよ、何でいないの!?というような
要求吠えに近いように感じます。
吠えたら声をかけたり、顔を見せるようにはせず、
基本的には無視をしてください。
また、ハウスで落ち着いて待てるようにトレーニングをしたり、
少し自立を育てるようなトレーニングをしていけると良いですね。
by: meg * 2014/12/06 13:21 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 追伸--

>>リラッチさん
なんとなくすべてがリラちゃんの顔色を伺いながらに
なってしまっている感じがします。
仰向けにするのも、少し暴れたから離してしまったりしていませんか?
嫌なことがあっても暴れたり逃げたらどうにかなると
学習してしまっているようです。

ブラッシングで威嚇してくるというのはかなりの問題点ですし、
普段の膝に乗るということもリラちゃんの好きにできてしまっていますし、
こちらからのアプローチに関しては拒否できると思っていると思います。
基本的に犬をコントロールするのはいつも人です。
それをしっかりしていかないと、関係が崩れていきます。

猫みたいでマイペース、というのとはちょっと違います。
対応をこれからしっかりしていかないと、
噛みついたりすることが出てくる可能性があります。

警戒吠えも出てきていますし、
できれば地域のしつけ教室に通ったり
出張トレーナーに相談することをお勧めします。
by: meg * 2014/12/06 14:25 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |