犬のトレーニングに役立つポーチについて
2014 / 12 / 03 ( Wed )
以前お散歩に役立つバッグをご紹介しましたが、
今回はトレーニングに役立つポーチをご紹介します。

「イイコ!」の後に「おやつをすぐに出す!」
これが動作を上手に教える際のポイントになりますので
犬のトレーニングにおいて、
ご褒美を出すタイミングというのは重要です。

褒め言葉とおやつが結びついていれば
多少遅れておやつを出しても問題はありません。
(例えば動作を褒めてから戸棚にあるおやつを取りに行っても
動作自体は褒められているのでOKです)

しかし褒め言葉の意味をまだ理解していない場合は、
おやつをすぐに出すことで、褒め言葉が強化されるので
「すぐにおやつを出す」ということが
とても重要になります。

話を戻して、そんなトレーニングに役立つ
トレーニングポーチについてお話をしていきます^^

おすすめのトレーニングポーチ


おすすめは
  • 片手を突っ込むとすぐにおやつが取れるもの
  • 犬の方にかがんでもおやつが落ちないもの
です。

これが該当していればどんなものでも構わないのですが、
おやつだけ入る持ち運びの良い小さいもので良いと思います。

トレーニングポーチを検索すると、
これらの機能が備わっているものが多く見られますね。

トレーニングポーチをそのまま購入するのも良いですが、
デザインや値段がちょっと・・・という場合にお勧めなのが
シザーバッグ型のポーチです。
シザーバッグは底が深くなっているため、
おやつは落ちにくく、また、大きさ的に片手を入れやすいからです。

デザインなど気にしなければ100均でも手に入ります^^(愛用していました笑)

ズボンのポケットなどでも用途としては良いのですが、
あまり入れられないのでこういう形のものを使えるといいですね。
(トレーニングに熱中しているといつの間にかおやつがなくなっている
ということがよくあります)

ウェストポーチも良いのですが、
すぐにおやつが出せるようにファスナー部を開けて
使用をする必要があります。

おもちゃを入れていく場合は容量が入り、中の物が落ちにくい
ウェストポーチが都合が良いこともありますね。

あくまで個人的なおすすめですが、使い勝手が良かったので
シザーバッグ型ポーチをプッシュさせていただきます♪

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(17) | page top
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/07 17:49 * [ 編集 ] | page top
--Re: もうじき5ケ月ボステリ♂--

>>山下さん
こんにちは^^
わんちゃんを迎える前からブログを見ていただいていたとのことで、
ありがとうございます!
わんこも個性があるのでなかなか記事通りにはいかないこともあると思いますが
がんばってみてください!

さてご相談の件ですが、犬種がボストンテリア、月齢が5か月ということで
ちょっと頑固な自我がでてきたのかもしれませんね。
無邪気な子犬時代を経て、これぐらいから個性とちょっとした反抗期が出てきます。
ハウスはどのように教えていましたか?おやつを投げ入れたりして教えていましたか?
もし指示でなかなか入らないようであれば、おやつを使って教える、
リードで誘導するなど初期の段階まで戻っても大丈夫です。
この時期「指示を無視してもいいんだ!」
という経験を積ませてしまうと、後々厄介なことになってしまうので、
踏ん張りどころです!
やっぱり指示は聞いた方がいいのか~とわんちゃんが納得したら
びっくりするぐらい以前のように戻りますよ!

お心遣いありがとうございます^^
山下さんも寒さにはお気を付けくださいませ!
by: meg * 2014/12/09 14:01 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/09 18:03 * [ 編集 ] | page top
--ありがとうございます--

ご指摘された様に、犬のペースになっていたと思います。
毎日のお留守番、中々かまってあげられない・・・可愛そう…の意識から、知らず知らず甘くなってしまっていたと思います。

取りあえず、自分で出来る所まで頑張ってみよう!とお返事を頂いた日から取り組んでいます。
ブラッシングも嫌がるため、挫折してましたが
私がリーダーなのよ!と
暴れてもダメっと躾しながらやってみました。
そしたら、あんなにガウガウしていたのに、最後にはあきらめて大人しくブラッシングさせるようになりました。
昨日は初めから大人しくさせてくれてビックリです。
megさんにアドバイスを貰わなければ、ずるずるとガウガウした子のままだったと思います。
警戒吠えも、がんっばって躾中です。
朗報が届けられるように頑張ります。
P.S. おトイレは順調です☆
いつも本当にありがとうございます。
by: リラッチ * 2014/12/10 13:47 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 反抗期・・・(>_<)--

>>山下さん
こんにちは。
なるほどなるほど・・・

まず一つ目、ハウスは「おやつを入れて」から徐々に
「指示で入ったらおやつ」に切り替えられていたでしょうか?
この形に少しずつ変えていかないと、
「おやつを取りにハウスに入っている」だけになってしまうので
「ハウスに入ったらおやつ」=「いいことがある」→「ハウスが好き!」
と意識づけていくためにもこう切り替えていきましょう~
(指示で入れている段階だったらすみません)

二つ目、場所が変わったら入れないということですね。
大丈夫です、よくあることです!
新しい場所、環境はわんこにとって
今までできていたことができなくなるぐらいのことなんですね。
新しい環境に対して興味津々で、
ハウスに入りたくないということもあると思います。

頭を入れて食べている頭をこちら側に誘導(中で反転させる)できれば、
ハウスの中にお尻を入れることができますので、
その方法を試してみてください。

①ハウスの中のにおやつを入れます。
②入口の隙間からおやつを持った手を入れて
 顔を扉側に誘導するようにします。
※この時後ろに下がれないように人の体を使って後方に下がるのを
 ブロックしてしまいましょう

子犬の頃は素直に入っていたのに、こうすればおやつだけ食べれるんじゃ?
という知恵も成長とともについてくるわけですね^^

こちらもわんことの知恵比べに屈しないように工夫をしてみましょう!
by: meg * 2014/12/11 16:24 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございます--

>>リラッチさん
こんにちは。
前回はこのままじゃ関係が崩れてしまうかもと思い、
少し厳しい返信になってしまってすみませんでした。
こちらのペースに従うというのを教えてあげることが
今のリラちゃんには必要なことだと思いますし、
それによりリラちゃんも安心できると思います。

リラちゃんはとても賢い子だと思いますので、
特にご家族の対応一つで変わっていく可能性のある子です。
ブラッシングに対してもすぐにおとなしくできるようになったのも
大きな変化だと思います。

ご家族みなさんがリラちゃんのペースに翻弄されず、
こちらのペースでやるときは何でもやる!というように
変わっていくことで必ず変わっていきます。
それこそご家族みなさんがブラッシングを出来る様になったら、
吠え自体も減る可能性があります。

呼んだら必ず来させるというのもこれからの課題として
頑張ってほしいです!

とりあえずブラッシングおとなしく出来るようになって良かったです!
おトイレも順調とのことで安心しました。
これからも頑張ってくださいね!
by: meg * 2014/12/11 16:35 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/11 19:07 * [ 編集 ] | page top
--Re: 戻りました♪--

>>山下さん
こんにちは。
ハウス、戻ったようでよかったです^^
とりあえず、新しい環境ではそういったことがある、
ということは覚えておいてくださいませ♪

おトイレは完璧に見えてもまだ子犬ですので失敗することはあります。
ただ、その一回の失敗は特に気にしなくてよいと思います。
環境もトイレのケージとして使えているのであれば
今のうちはそれで問題ありません。
囲ったものなど色々変更をすると逆に混乱させてしまうかもしれません。
(ハウスが出来ているのであればおそらくケージを今後使用することは
あまりないと思います。)
ただ、シーツ自体はレギュラーからワイドにしても良いと思います。
体が大きくなったのでワイドの方がしやすいと思いますので。

失敗したときシーツが汚れていたりはなかったでしょうか?
私の愛犬はシーツが汚れているのが嫌いで、
汚れてないところにうまくしておくれ(節約)と思って
少し汚れたシーツを置いておいたら
シーツの手前にされました(笑)
ボストンくんも何かこだわりがあったのかもしれませんね^^

ケージやトイレ、問題は少しずつありますが、
まずトイレが安定するまでは落ち着いて
ちょっと様子をみてあげてください。
いろいろ一気に改善しようとしてしまうと
わんこが混乱してしまいますので!^^;
by: meg * 2014/12/12 15:29 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/13 18:47 * [ 編集 ] | page top
--Re: チョッと安心しました--

>>山下さん
こんにちは^^
ボストンちゃんBERRYくんというのですね、とてもかわいらしいです♪

トイレとしてのケージもいずれ外せるようになりますよ!
足あげおしっこをするかどうかはその子の性格によるところが
大きいように思います。
去勢手術をするとまた少しトイレが乱れることもありますので、
去勢後も今のように変わらずトイレでできるようであれば、
トイレは安定してきたと考えていいと思います。
1歳を超えるまでは成長とともにそういったことが出てくるので
トイレ環境を変えすぎない方がいいでしょう。
それから徐々にケージを外してみて、
BERRYちゃんの反応を見ていけると良いと思います。

ケージを使えない理由もシーツをぐちゃぐちゃにしてしまった=子犬のいたずら
ということであれば、成犬になって落ち着けばしない可能性もありますし、
シーツをトイレトレーに挟んで使ってぐちゃぐちゃに出来ないようにすれば
解決できると思いますので、たとえ必要に迫られた場合でも
うまく対応できるのではないかと思います。

いずれにしろBERRYちゃんに関してはこちらの工夫で対応できることは多そうです^^

反抗期は期間というより始まったらわんこのペースに合わせず、
しっかりこちらのペースで対応することが出来れば
すぐに収まっていくものですので、しっかりと対応してあげてください♪
by: meg * 2014/12/15 17:43 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/16 15:29 * [ 編集 ] | page top
--Re: 了解しました(#^.^#)--

>>山下さん
こんにちは!

お話を聞く限り、おそらく上手にしつけられてきているので
今後問題はないと思います^^
今がちょっと子供から大人になる不安定な時期で、
ここを超えれば大人になるのでやんちゃも減ります。

ペットシーツのぐちゃぐちゃも小さい時のいたずらと、
それによっていい結果があったのでしてしまった行動なので、
成長して落ち着いてから、トイレトレーという環境であれば
上手にこなせそうです。

ケージもサークルタイプで、一枚ずつ取り外しが可能であれば、
まずは扉の側を外してコの字にしてみるなどの段階も踏めますので、
焦らずやってみてくださいね^^
時期も決められているわけではなく、最近失敗しないな~
ケージ外してみるか~ あ、出来た!
なんてあっさり出来ることもあります。
失敗したらまだ難しかったか~とすぐ頭を切り変えて戻せば大丈夫ですので!

去勢手術、無事に終了できるよう願ってます!
by: meg * 2014/12/16 16:02 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/17 22:09 * [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/17 22:44 * [ 編集 ] | page top
--Re: 何度もすみませんm(__)m--

>>山下さん
こんにちは。

いえいえ、それだけしつけを意識していらっしゃるので
絶対今後ベリーちゃんとより良い関係が築けると思いますよ!^^

手術とおやつのことですが、ベリーちゃんとの関係づくりに
「おやつ」に頼りがちになってしまっているように感じます。
基本的に「おやつ」は行動のきっかけや行動の強化に用いるものであり、
一緒に暮らしていれば信頼関係は別で築けていくものです。
また、行動の強化はわんこにとっては段々習慣となっていくので
ご褒美がなくとも自然と行動するようになっていきます。

おやつ以外でも行動の後にたくさん褒めてあげたり、
おもちゃを投げてあげたりすればベリーちゃんは嬉しいはずです。

>>やっと築けた関係、信頼(されているか分りませんが)を無くして不審に思われてしまわないかとても不安です。
ただ、この文からそれ以上に山下さんのおやつがないと不安、という状況が
これからちょっと心配なところであります。
おやつは少しずつ減らしていくのが難しいのですが、
今回はあげたけど、次は褒めて撫でてあげるだけ、でも次はおやつをあげる・・・
というよう一気になくすのではなく、これを機に
ランダムに減らして山下さん自身のおやつへの依存のしずぎを
減らしていきましょう!
by: meg * 2014/12/19 17:38 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/12/19 20:52 * [ 編集 ] | page top
--Re: そっかぁ(#^.^#)--

>>山下さん
こんにちは^^

そうですね、あとは山下さんもベリーちゃんに毅然とした態度で接してあげてください。
おやつを使ったトレーニングはどうしてもおやつの力に頼りすぎてしまうのですが、
飼い主さんのしっかりとした態度は今後関係を作るときに重要になってきます。
ボストンはテリアですので頑固なところからしつけに関しては根気がいる犬種です。
その頑固なところに負けず、態度は一貫してあげてください。
こういうタイプの子はそこがうまくいけば、飼い主さんに忠実なタイプなので
その後は扱いやすくなる子が多いです。

おもちゃは上手に慣らされましたね*^^*
これはご褒美として使えますよ~!
おやつがなくとももう力の限り褒めて遊んであげてください。
でも時々おやつがあるとモチベーションが上がるので
そこも交えつつ・・・ それが上手に出来ると
本当にいろいろなことができるようになりますよ!

少しず~つおやつの回数を減らしていきましょう^^
by: meg * 2014/12/24 16:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |