犬とビタミンCの関係
2014 / 12 / 10 ( Wed )
今回はちょっと栄養学、犬とビタミンCのお話です。
20141209nicole.jpeg人をはじめとする霊長類と、モルモット以外の動物は
体内でビタミンCを作ることができるのはご存知でしたか?

人は食べ物から摂取しているので、
体内で作ることができると聞くと驚きですよね!

もちろん犬もビタミンCを体内で作ることができます。

なのでビタミンCは不要と思いがちですが、
場合によっては食事から摂取する必要があります。

ビタミンCの働き


ビタミンCは
  • 関節炎の症状改善
  • 免疫機能の向上
  • 傷の回復を早める
などの他、
抗ストレスホルモンを作るのに欠かせない物質です。

つまり、ストレスに対抗するために必要ということですね。

ビタミンCが犬の体内で生成されるには限界があるため、
強いストレスにさらされる場所で生活をしていたり、
病気やけが、老齢で合成能力が低下している場合は、
体内で生成される量よりも必要なことがあります。

ストレスがたまっていたり、体調を崩している子には
ビタミンCの入ったサプリメントなどを与えて
体内からサポートしてあげると良いですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |