本能の「我慢」と誘惑トレーニング①
2014 / 12 / 24 ( Wed )
犬と生活していると、その子が興奮しやすい物、
怖がってしまうものが段々と分かってきます。

例えば動くものを見ると動物の本能として犬は
  • 興奮して追いかける
  • 怖いので逃げる
という二つのどちらかの行動を起こしやすいのですが、
この行動を野放しにしておくと引っ張りや吠えなどの
問題行動に繋がります。

が、根本が犬の生物的な本能となっているため
基本的な指示だけを刺激のない状況で覚えさせただけでは
本能が優先になってしまいます。

「何かを追いかけたい」「何かに対して怖くて逃げたい」
この二つの行動は犬種やその子の性格によって
出方が変わってきますので、
子犬の頃からそういった傾向が見えている子は
トレーニングを意識して行っていく必要があります。

場合によってはこれらの本能は食欲よりも優先されてしまうので
(興奮、恐怖の状態ではおやつを与えても食べないなどありますよね)
この本能を抑えるというのは、トレーニングの中で
一つ重要なポイントになってきます。

本能を我慢させるマテ


「我慢すること」は指示で言えば「マテ」になります。

行動だけで考えると「その場で止まる」という指示ですが、
精神面を考えると「動きたい本能を我慢する」という意味も含みます。

我慢することを覚えさせるのに必要なのが
「苦手な状況・興奮する状況を使った誘惑トレーニング」です。

何も刺激のないところではちゃんとできているのに、
外に出るとできなくなる、という子は
集中力の他に、周囲の刺激への我慢が足りていないことが多いので、
特にこの誘惑を使ったマテのトレーニングを
重点的に行っていく必要があります。

「本能に反して、我慢してその場に待つ」

これが少しずつでもできてくると、
犬自身の心の余裕も出来てきて、
落ち着いた散歩が出来るようになってくるというわけです。

また本能を抑えて飼い主さんの指示を聞くということは
信頼関係がないとできないことですので、
そういった意味でも「我慢することを覚える」のは重要だといえます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 基本動作 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |