投薬の時愛犬の口周り(マズル)を上手に触れるようになるには
2015 / 04 / 22 ( Wed )
犬が触られるのを嫌がる部位の一つでもある口周り(マズル)。

マズルは犬の弱点であるため、触られるのを嫌がることが多いです。

しかしお手入れや、特にこれからの時期フィラリア
投薬が必要になってきたりとマズルを触ることは
日常的にかなり必要になってきます。

お口をつかんで投薬が出来る様に
上手にトレーニングしていきましょう。

マズルコントロールはこちらの記事をご参考ください。

口の中に入るものは美味しい物!


マズルをつかんで、口の中に何かを入れることは
健康な犬は投薬以外にはなかなか行わないことだと思います。

だからこそ、マズルをつかんで無理やり何かを入れられる事=薬=不快
というイメージがついてしまいがちです。

だからこそ、マズルをつかんでお口を開けたら
お口の中に美味しいおやつを入れてあげるようにしましょう。

繰り返すと口の中への不快のイメージをなくすことができます。

そして良いイメージづけをしたらおやつの中に薬をまぜて、
おやつと交互に入れていくことで上手に与えます。

薬自体は苦みがあったりするため噛まないで
ばれないように、飲み込ませるようにあげるのが一番です。

マズルをつかむことすらできない場合は、
マズルを触るたびにおやつを与えるなどして
ゆっくり慣らしていきましょう!

マズルを触ることは投薬、お手入れ、歯磨き、
強制給仕など色々なときに必要になりますので
苦手な子はこれを機会に上手に克服して行けると良いですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |