犬の熱中症予防のためにお散歩や運動中のクールダウンをしよう
2015 / 07 / 29 ( Wed )
夏場は犬も人も熱中症脱水症状になりやすいので
ちょっと長めなお散歩になる場合や、運動をする場合は
小まめな休憩をしてクールダウンするように心がけましょう。

先日の記事「健康のためにも犬を興奮させ過ぎないようにしよう!」にも書いたように
興奮状態になったときもクールダウンの対処は有効です。

一般的なご家庭に常時あり、
夏場のお散歩でクールダウンにつかえる物として
下記の二つがありますので、持参するようにしましょう。

  • ボトルなどに入れた飲み水
  • 大きめのタオル

飲み水を適宜与える


あまりに暑いと運動やお散歩中に脱水症状を起こすこともあります。

夏は犬も水を飲みたがりますので
飼い主さんが気をつけて小まめにお水を与えてあげる必要があります。

日陰で濡れタオルを使う


運動やお散歩中に犬のパンティングが激しくなっていたり、
ふらふらしているようであれば、熱中症になる危険があります。

持っているお水とタオルを使って、体全体を覆ったり、
内股やわきの下などを冷やしてあげるようにしましょう。

体全体を冷やしたり、熱を下げやすい部分を冷やしてあげることにより
徐々に状態が落ち着いてきます。

日の当たる時間のお散歩や運動は好ましくないですが、
もしどうしても出なくてはならない場合、
背中や頭などが日差しでかなり暑くなるので
濡れたバスタオルで頭や背中を覆ってあげることは
クールダウンにかなり効果的です。

今年の夏もみなさんのわんこが元気に楽しく過ごせますように!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(8) | page top
コメント
--お散歩--

初めまして。
犬の躾の事について色々検索していたところ、こちらのブログを知り、とても参考になり信頼できるお話がたくさんなので、少しずつ過去記事を読み進めています。

こちらのコメント欄で、ご相談もしていただけているようなので、もしお願いできれば…と思い、コメントさせて頂きました。
突然の訪問での相談は受け付けていないという事でしたら、削除や放置してください。

お聞きしたいのはお散歩のことです。
11ヶ月のラブラドールです。
おとなしい性格だと思います。

2ヶ月の頃から飼い始め、ワクチンが終わるまではだっこ散歩で外には慣らせていました。ワクチンがおわりいざお散歩に出したところ、座り込み全く動かず、おもちゃやおやつでもなかなか誘導できず。
人や車に注意して、伸びるリードで私がいけるところまで行き、呼びよせ、おっかなびっくり歩いて…を繰り返して道路を歩くことに慣れさせたりしました。
人やワンちゃんは大好きで、お友達ワンちゃんが一緒に歩いてくれると歩けるという状態でした。

最近は何とか歩けるようにはなったものの、やはりお散歩が上手にできず、今度は座り込むというよりも、臭いばかり嗅いで進みません。

家から最低でも50~100メートルほどは、ものすごく執拗ににおいをかぎ、名前を呼んだり、ちょっと無理やり強引にリードをひっぱったりして何とか進み、ある程度家から離れると、やっと何とかお散歩の形をなすような状態です。

それでも余りお散歩は好きではないようで、余り楽しそうには歩きません…。

リーダーウォークの練習で、こちらの進みたいほうに歩かせようと思うのですが、犬が先を歩こうとすることがほとんどなく(人間が止まれば、犬も止まったまま)、結局、無理に人間がリードを引く形となってしまい、一層お散歩が嫌いになってしまっているだろうなと感じています

玄関から出るとき、門から出るときは待て、座れをして、それはほぼきちんと座るのですが、「いこう!」と歩き始めるとはじめは動かず、ちリードを引っ張って誘導し、その後匂いを嗅ぎ始めなかなか進まず…という感じです。

毎日お散歩に行こうと思うたびに、「また動かないんだろうな」と思うと気が重くなってしまいます。お互いに楽しく上手にお散歩ができるように、何か気をつけるべきことや、方法などがありましたら教えて頂けますと幸いです。

突然の訪問での不躾な質問、長い文章で、失礼いたしました。


by: ナッツ * 2015/08/05 16:34 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: お散歩--

>>ナッツさん
こんにちは。
ブログご覧いただき、嬉しいお言葉もありがとうございます^^

ワンちゃんがお散歩でちゃんと歩いてくれないのですね・・・。
かなりシャイでちょっと怖がりなワンちゃんだと思いますが
それ以外に考えられる原因をあげてみます。

まず、健康面は問題ないでしょうか?
ラブは関節にトラブルを抱えやすいので
そういった痛みがあると歩くのを嫌がることがあります。

におい嗅ぎについてはまず「好奇心」からのにおい嗅ぎか
自分を落ち着かせるための「カーミングシグナル」かどちらかわかりますか?
カーミングシグナルであればやはりわんちゃん自身
ストレスを感じているので、その行動が増えます。
尻尾や耳の様子も不安を感じている(下がっている)様であれば
おそらくこちらだと思います。
におい嗅ぎの多い家から50~100メートルの間には車の通りが多かったり、
何か刺激が多いことはありませんか?
そうであればこれらの刺激が少ない時間に出るようにしたり、
まずは刺激の少ないところへ車で連れ出し、
お散歩というもの自体に良いイメージ付けを出来ればよいと思います。

あとは飼い主さん自身の雰囲気もわんちゃんは読み取り、
伝達してしまいます。
>>「また動かないんだろうな」と思うと気が重くなってしまいます。
なかなかうまくいかないとどうしてもこう思ってしまいますが、
気持ちは前向きで、テンションをあげて行きましょう。

普段からテンションが上がりにくい子であれば、
テンションが上がる様におもちゃで遊んだり、
こちらからもアプローチをしてみましょう。

本当に怖がって動かないのか、
「自分が散歩をしたくない」と思ったら
飼い主さんがそれに付き合ってくれるから
ぐだぐだっとした散歩をしているのか・・・
ここは実際にワンちゃんを見ないとわからないので
思い切ったアドバイスが出来ないのが残念です。
(前者であれば無理強いはできませんが、
後者であればリードの持ち手によって変わる可能性があります)

ただ、お散歩はわんちゃんも飼い主さんも一生続けていく
楽しい物であってほしいので、
実際にお散歩を見ていただける出張訓練士さんも
視野に入れても良いと思います。
by: meg * 2015/08/05 17:40 * URL [ 編集 ] | page top
--お散歩について、ありがとうございます--

突然のご相談にも関わらず、早速の大変ご丁寧なお返事をありがとうございました。

においかぎがカーミングシグナルの可能性もあるかもしれないとの事、考えもしなかった事でしたので、非常に参考になりました。
もしカーミングシグナルであるとすれば、2~3ヶ月の頃の「座って動けない」状態と、根本は大きくは変わっていないという事ですよね。

確かに、興味津々で嗅いでいるというよりも、カーミングシグナルと考えたほうが合点がいく気がします。もちろん後でお散歩の際、匂いをかいでいるときのワンコの様子を確認はしますが。

そして確かに日中よりも、夜遅い時間のほうが、比較的自然に歩きます。
日中は時々大きな車が通る道なので、夜のほうが安心するのかもしれませんね。

また、ご指摘くださったとおり、テンションもあがりにくい子なので、なるべくこちらがテンションをあげるように誘導しながら生活していきたいと思います。教えていただいたとおり、楽しいところへ連れて行って、お外が好きになってkれるといいな。

もちろん他の可能性も考え、たとえば関節などは、また病院で検査などもしてもらいますね。

この子の性格を考慮しながら、楽しい毎日を過ごしたいと思っています。

余りにもご丁寧なお返事で、申し訳ない限りです。これからも、以前の記事やコメントなどを読ませていただきながら勉強し、また何かありましたらご相談させていただく事もあるかと思いますが宜しくお願いします。

本当にありがとうございました。
by: ナッツ * 2015/08/05 20:14 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: お散歩について、ありがとうございます--

>>ナッツさん
こんにちは。

お話をまとめて考えてみるとやはり環境に対してまだ不安があるのでしょうね。

オスワリ自体も「自分を落ち着かせる」カーミングシグナルにもなります。
家から出始めのその期間にオスワリとにおい嗅ぎが多いとなると
こちらもカーミングシグナルの可能性はありそうですね。

動かないなんて散歩が嫌なのかな?と思ってしまうと
こちらもだったら無理して散歩なんて行かなくても‥
となってしまいますが、ラブちゃん自身も落ち着こうと
必死に頑張っていると考えるとこちらも少しずつ慣らしていこう!
と前向きに考えられますね^^

慣れやすい環境を選んであげて、ラブちゃんをじっくり観察して
また、ラブちゃんの慎重な性格も受け入れてあげて
少しずつ上手に歩んで行きましょう♪
by: meg * 2015/08/06 13:02 * URL [ 編集 ] | page top
----

先日はお散歩に関して、ありがとうございました。
カーミングシグナルかもしれないという言葉に、なるほどと思わされ、そして2回目のお返事に書いてくださった「犬自身も落ち着こうと一生懸命頑張っている」という言葉に、心の底からハッとさせられました。

ずっと、「お散歩の主導権は私。犬にお散歩の主導権を握らせてはいけない→犬がにおいを嗅いでいても、私が歩くと決めたら歩かせなくては」と、何とか引っ張ってでも歩かせようとしたり、それでもなかなか動かないので「こんなに頑張っているのに、何で歩いてくれないの?」と、焦りと不安とを抱えながらの毎日でしたが「犬も頑張っている」のですよね。

その言葉を思いながらお散歩したところ、やはり変わらずにおいは嗅いでいましたが、「ちゃんと歩いてよ!」ではなく、「そうそう、偉いね。こわくないよ。頑張って。」と思うことができました。

においを嗅ぎながらもほんの少しずつ進む姿に、今までは「何故そんなにちょっとしか進まないの?」と泣きたくなる毎日でしたが、ここ数日は「そうそう、歩けてるね」と思えるように。


「自分が頑張っているのに伝わらない」という苛立った気持ちだったのが本当に恥ずかしく、わんこに申し訳なくなりました。

最近お散歩と平行して「信号で座って待つ」練習もしていたのですが、それも「私の指示に従わせなければ」という思いが強く、失敗を恐れて、ごほうびのフードをなかなか手放せずにいたのですが(実際、犬も、フードを持っているか持っていないか察知して、指示に従うか判断している部分があった)、不思議な事にここ数日は、フードなしでもきちんと言うことを聞き、座った後に「できたよ!(「フード頂戴」かもしれませんが(笑))」と、こちらの顔を見るように。
今までは「座る前に、こちらの手元をちらっと見てフード確認している感じ」だったので、少しずつ何かが変化しているような気がします。


専門家の立場からの貴重なアドバイスいただき、大変ありがたく思っています。
そしてそれが上から目線のアドバイスでなく、本当に、犬の気持ちを考えてくださっている事、同時に飼い主の気持ちも非常に思ってくださっている事。
本当にありがとうございます。

またも長文になってしまいました。
読みづらい文章で申し訳ありません。
これからも、為になる記事を楽しみにしています!

by: ナッツ * 2015/08/08 16:53 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ナッツさん
こんにちは。

ラブちゃんとのお散歩、違う視点から見られるようになって良かったです。
そしてそれが上手くラブちゃんにも伝わったようですね^^
少し神経質になってしまっていたナッツさんに対しても「落ち着いて!」
と合図を送っていたのかもしれませんね。

どうしてもラブラドールは「元気であるという」イメージが強いので
うちの子はどうして出来ないんだろうと思ってしまいますが、
ラブちゃんのおとなしいという気質は上手に伸ばしてあげると
優しくて一緒に暮らしやすいという素晴らしい気質です。
逆に環境に慣れるのはちょっと苦手かもしれないですが、
他のラブが持っていて多くの飼い主さんが苦労してしまう
ハイパーな興奮癖は抑えられているので
苦手な所はフォローして良いところをこのまま伸ばしてあげてください^^

もちろん自分の我を通して今は臭い嗅ぎをしたいから
言うことを聞かない!という子もいます。
そういう子はリードを引いてこちらが毅然とした態度で進むだけで
解決できることが多いのですが、
ラブちゃんの状況とはやっぱり違いますよね。
その子の性格に応じて対処は変えて行かないと
伝わってほしいことが伝わらない・・・なんてことになってしまいます。

ラブちゃんのペースでこれからもゆっくり頑張っていってあげてください!
必ずわんこはそれに答えてくれますよ!

こうして少しでもお役に立てると私も本当に嬉しいです*^^*
こちらこそ嬉しいお返事ありがとうございました!
by: meg * 2015/08/08 17:26 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/08/18 16:39 * [ 編集 ] | page top
--Re: 1歳5か月のポメラニアン。--

>>霧子さん
こんにちは。
まず、どうか落ち着いてくださいね。

今の状況はあまりよろしくないです。
ご自身でも感じてらっしゃると思いますが、
まーくんが霧子さんの不安な心理状況を
読み取ってしまっているからです。

ご相談いただいたトレーナーさんの考えや方法、
おそらく霧子さんは納得できなかったのではないでしょうか?
また、こちらに質問されても「心配事や相談はメール」という
現在のトレーナーさんと変わりはなくなってしまうので、
同じような状況になってしまうのでは?と思っています。
(私は実際に霧子さんとまー君にお会いできない分、
霧子さんの不安をぬぐうのは残念ながらもっと難しいかもしれません)

トレーナーも様々です。
そのトレーニング方法やレッスン方法は個人で異なりますし、
警察犬専門にされていた方、家庭犬専門にされていた方、
幼稚園方式でされてた方・・・など今は本当にたくさんです。
私自身は現在トレーニングには赴けないため、
同じようなトレーニング方針で
トレーニングをしている団体をお知らせします。

優良家庭犬普及協会 様
http://www.cgcjp.net/

ご相談もできますのでまずはお電話されてみてはいかがでしょうか?

またお住まいの近辺で別のトレーナーがいるようでしたら
そちらにも連絡を取ってください。
そして現状をすべて話して、方針や方法など
ご納得のできるトレーナーを探してください。

大事に育ててこられたまーくんです。
必ず霧子さんに応えてくれるはずです。

上手くお力になれず申し訳ないです。
by: meg * 2015/08/19 16:52 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |