犬のブドウ膜炎について
2015 / 08 / 19 ( Wed )
犬の目の病気の一つ「ブドウ膜炎」
聞き慣れない名前ですが、症状が重いと失明の恐れもある
怖い目の病気です。

今回は犬のブドウ膜炎についてお話をします。

犬のブドウ膜炎とは


ブドウ膜は眼球にある薄い膜で虹彩、毛様体、脈絡膜などの
血管に存在する膜の総称です。

このブドウ膜に炎症が起きている状態をブドウ膜炎と言います。

犬のブドウ膜炎の症状


犬のブドウ膜炎の初期の症状としては
  • 瞬きが多くなる
  • 涙の量が増える
など他の病気と区別がつきにくいものですが
症状が進むと
  • 目が赤くなる
  • 目が濁って見える
  • 目を細めるようになる
  • 痛みで目をひっかくようになる
  • 眼圧が高くなる
などが見られるようになり
白内障緑内障を併発すると失明することもあります。

犬のブドウ膜炎の原因

などが原因でブドウ膜炎を起こします。

ウイルス、細菌、寄生虫、真菌などによる感染症が原因で
ブドウ膜炎を引き起こすこともあります。
有名なところだと、犬ジステンパーやケンネルコフ、
レプトスピラ症などがあげられます。

他の疾患にかかって併発をするのが多い病気です。

犬のブドウ膜炎の予防と治療


原因の一つである感染症などは混合ワクチンで
防ぐことが出来るものもあります。
年に一度の混合ワクチンの接種をしましょう。

治療としては原因疾患の治療とブドウ膜炎の治療を行います。

感染症が原因の場合は抗生物質や駆虫薬などで
その疾患を治療していきます。

角膜炎や結膜炎など他の目の炎症が原因の場合は
消炎剤や抗生剤などの点眼薬・内服薬などで治療をしていきます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 57 : 37 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |