犬が食べてはいけない食べ物について
2010 / 09 / 02 ( Thu )
tabemono.jpgわんこに与える食べ物について、
何を与えてはいけないのかご存知ですか?

有名なものは「玉ねぎ」などですが、どうして玉ねぎが悪いのか、
どんな症状が出るのかまではご存じない方も多いと思います。

そこで今回は危険ランク別にわんこが食べてはいけないものを下記にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

危険度:高

  • 玉ねぎ(ネギ類)
  • チョコレート(カカオ類)
  • ブドウ、レーズン
  • アボカド
  • キシリトール
  • 香辛料
  • アルコール

玉ねぎ
玉ねぎなどのネギ類(長ネギ、ニラ、にんにくなど)には
アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれていて
大量に食べると赤血球が破壊され、血尿や下痢、追うと、発熱などを引き起こす恐れがあります。
この成分は加熱しても分解されないため、加工食品、煮汁などにも注意が必要です。

チョコレート(カカオ類)
チョコレートやココアなど、カカオの成分であるテオブロミンは
嘔吐、下痢、発熱、痙攣などの発作を起こします。

ブドウ、レーズン
有毒性の因果関係は認められていませんが、嘔吐、下痢、腹痛、腎不全を起こすことが
確認されています。同じ量を与えても、症状には個体差が多いようです。

アボカド
アボカドに含まれるペルジンが嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症などを引き起こします。
多量に摂取した場合のみ発症するようで、
また、アボカドの種類によって程度が異なるそうで、
ペットフードの原料とされているものもあります。

キシリトール
虫歯予防などに有効として人間用のガムによくつかわれるキシリトールですが、
犬が誤って食べてしまうとたとえ少量でも血糖値の低下、嘔吐、肝不全などを起こします。

アルコール
吐き気や中枢神経系の症状、頻尿になります。
犬がアルコール大量に飲むと摂取後12~24時間以内に50%が死亡すると言われています。

危険度:中

  • 香辛料
  • 鶏の骨
  • カフェインの含まれるもの
  • 生の豚肉

香辛料
犬は香辛料に対する耐性が低いので肝臓障害の症状を引き起こします。

鶏の骨
鶏の骨は縦に裂けやすく、鋭利な形状となるため
喉や消化器を傷つける場合があります。

カフェインの含まれるもの
コーヒーや紅茶などにはカフェインが含まれています。
これらを与えると下痢、嘔吐、体温不調、多尿、尿失禁、てんかん発作などを
起こすことがあります。

生の豚肉
生の豚肉には人間にも感染する寄生虫(トキソプラズマ)が潜んでいる可能性があるため、
与えないようにしましょう。

危険度:低

  • 生の魚、イカ、タコ
  • ホウレンソウ
  • 生の豆やナッツ類
  • 生卵

生の魚、イカ、タコ
消化が悪いので下痢や嘔吐の原因となったり、喉に詰まらせる場合があります。

ホウレンソウ
シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム尿石症の原因となります。
アク抜きをすればシュウ酸の量は減らすことが出来ます。

生の豆やナッツ類
消化が悪いため下痢や嘔吐の原因になります。
豆腐や納豆などの加工食品は消化の面では問題ありません。
豆類の中でもピーナッツは油分が多く、マグネシウムが多いため結石の原因にもなります。

生卵
卵白に含まれるアビジンという酵素がビオチン(ビタミンB群の一種)を分解してしまい、
皮膚炎、成長不良の症状を引き起こすことがあります。

その他

  • 牛乳
  • 煮干し、海苔、鰹節、ミネラルウォーター
  • 人間の食べ物

牛乳
牛乳に含まれる乳糖を消化する酵素を持っていないため、下痢になる子がいます。
しかし、全く平気な犬もいますので、牛乳が危険というわけではありません。

煮干し、海苔、鰹節、ミネラルウォーター
マグネシウムを多く含むため、多く食べると結石になる可能性があります。

人間の食べ物
一般的に犬が摂る食塩の量は人間の3分の1程度でよいと言われているため
犬にとっては塩分過多になります。
あげてすぐに病気になることはありませんが、習慣化してしまうと積もり積もって
様々な病気を引き起こすことがありますので、あげないようにしましょう。

しっかりと食べ物の管理を行おう


意外とたくさんの食べ物があると思いませんか?
上記の物には特に注意してくださいね。
ただ、症状が出る・出ないは個体差があり、
たくさん摂取しないと症状が出ない子もいます。

どうしてこれを食べて症状が出るのか成分的にまだ解明されていなかったり、
まだ、見つけられていない「食べてはいけないもの」というのもあるようです。

総合栄養食であるドッグフードや獣医師や専門家の指示のもとで行う手作り食などを
与えていればあまり上記の物をあげる機会もないのではないかと思います。

人間にとってはおいしいものだから、わんこにも与えちゃえ…!
という感覚を持ってしまうことが一番危険だと思います

わんこは自分では食べていい食べ物なのか認識することができません。
飼い主さんが管理してあげることが大変重要です。
テーブルの物を目を離したすきに…なんてことにならないよう注意しましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

09 : 54 : 33 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
コメント
--色々と勉強になります。--

ボーダー3歳のお父さんです。
犬が食べてはいけないものって
玉ねぎくらいしか知りませんでした。
勉強になります。
わんこの飲み水のことで質問します。
最初は僕たち家族と一緒の
スーパーなどで汲んでいる
アルカリイオン水?を
あたえていたのですが
水道水の方がいいときいたので
今は水道水を与えていますが
うちの水道水があまり状態がよくないのか、排水溝のあたりが
茶色くなっているところもあるので
(鉄分が多いのか?)
このままやっていていいのか心配です。
わんこにはどのような水がいいのでしょうか?
by: rokkisiro * 2013/11/09 21:28 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 色々と勉強になります。--

>>rokkisiroさん
こんにちは^^
記事がお役立ち出来ているようで嬉しいです!
意識しないと犬も何でも食べれる、と思ってしまいますよね。

さて、お水ですが基本的には水道水、
または軟水のミネラルウォーターで大丈夫です。
ミネラルウォーターは硬度が低い物を使用すれば
ミネラル分が低いので基本的に大丈夫です。
アルカリイオン水はアルカリ尿になりやすい?と言われているので
避けた方が良いようです。
(こちらもデータとしては正確ではない様なのですが)

こちらの記事で少し触れています。
<犬の飲み水について>
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-210.html
水道水は人が飲めるというレベルのお水なので
もちろんわんこが飲んでも問題ないのですが、
状態が気になるのであれば浄水器などを
工夫してみると良いかもしれません・・!
(こちらもう対策を取られていたらすみません)
by: meg * 2013/11/11 10:34 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとうございます--

浄水器、まだ付けていませんでした。
さっそく簡単なものですが
付けました。
(お店に見に行ったのですが
色々あるものですね。)
このフィルターの汚れ具合の頻度を見て
うちには、どんな、浄水器がいいのか考えていきたいと思います。
ありがとうございました。
by: rokkisiro * 2013/11/13 11:01 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございます--

>>rokkisiroさん
こんにちは^^
お役に立てたようで良かったです!
お水の状態が少しでも変わると良いですね・・・!
by: meg * 2013/11/13 14:12 * URL [ 編集 ] | page top
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2013/12/25 15:09 * [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>kさん
こんにちは。
(他所の個人ブログのリンクがありましたのでコメントは非公開とさせていただきます)
そちらのブログは存じておりますが、何に対してもものすごく極論です。
(ブログに対しての評判も調べてみるとわかると思います。)
それだけを読むと信じてしまいたくなる勢いがありますよね。
飼育初心者だとおそらく信じてしまう事もあるのではないでしょうか。

もちろん食べてはいけない物を少し食べたからと言って死に至ることはありませんが、
致死量を与えれば中毒で死にます(実際に亡くなっている個体が多くいます)
玉ねぎはアリルプロピルジスルファイドという成分が
犬の赤血球を破壊しますが、個体差があり、
玉ねぎを食べても症状の出ない犬もいます。

逆に砂糖のついたお菓子や生クリームなどは
少し食べただけで死ぬことはありません。
ただ、毎日たくさん食べると肥満になり、
肥満は様々な疾患を引き起こします。

ネットの情報はたくさんあり、個人で意見や書かれ方も様々なので、
何が正しいのか不安になる事もあると思います。

ですのでネットの情報だけでなく
ご自身で本や文献なども見て、
納得された物を信じてください。

わんちゃんを守れるのは飼い主さんだけです。
by: meg * 2013/12/25 16:11 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |