犬は人によって態度を変える!?
2015 / 09 / 02 ( Wed )
よく飼っている犬が家族内で接する人により態度が違い
「うちの子はお父さんの言うことしか聞かない、
私のことは下に見てるし、馬鹿にしている」
というようなお話を聞きます。

実際犬は人によって馬鹿にしたり、態度を変えたりするのでしょうか?

答えは・・・

人に対する態度が変わることはありますが、
別に馬鹿にしたりすることはありません^^;

人によって態度が変わるわけ


そもそもその人によって態度が変わる原因は
人側の対応にあります。

例えばお父さんは、オスワリをしないと
絶対におやつをあげないとします。
逆にお母さんはオスワリをしなくてもおやつをくれて、
また吠えた方がすぐにおやつをくれるとします。

すると当たり前のようですが犬はその人によって態度を変えます。

「この人へはこの対応をした方が自分に得がある

ということを犬は常に考えているので、
より自分に得のある行動が増えるようになるのです。

自分に対しては吠えて催促するなんて馬鹿にしてるに違いないと
犬の態度から感じてしまいますが、
別に馬鹿にしているわけではなく、
その行動を飼い主さんが勝手に強化をしてしまった結果なんですね。

家族内で一貫した態度を取るとこれらの差は少なくなりますが、
接する時間の違いや、食事の世話をする回数などの違いがあるので
家族内でも犬の対応にちょっとした差は出てきます。

特にリードの使い方などは敏感に違いを感じ取りやすいです。

犬は人の家族を群れとして見ている!?


犬は祖先のオオカミが群れで上下関係を築いていたことから
一緒に暮らす人も群れとして見ると考えられてきましたが、
近年の研究では犬は人と犬を区別して考えているので
必ずしも人を上に見たり、下に見たりしないと考えられています。

オオカミは上下関係に非常に厳しい動物ですが、
犬はオオカミのような厳しい上下関係を持たず、
かなり緩い上下関係の作り方をしているとも言われます。

また、祖先もオオカミではなくコヨーテなどに近いと最近は言われていますね。
(※この辺りは諸説あります)

ただ、結局は「自分に得のある行動」を取るので、
吠えたり噛んだりして嫌なことが去ったり、
自分に得なことがあれば問題行動が増え、
強気な態度を取るようになるので
リーダーシップを取るということは
犬と暮らすうえでは重要と言えます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 雑学 | コメント(6) | page top
コメント
--お久しぶりです。--

久しぶりにコメントさせていただきます。
最近は読み逃げですいません(。-人-。)
前回のトイレの記事といい、今回の記事。。
我が家を覗いていませんか?といいたくなりましたww
ちまたには色んな情報があって、
犬のリーダでなければならないとか、順位をつけるとか書いてあります。

最近はむかうような態度をとられて、ひっくは私を主人だとおもっていない、
ずっとばかにしてたんだと思い込んで落ち込んでました。

でも、心のどこかで犬は犬。人と同じように考えることはできないし、結局自分の思い通りにするためにはどうしたらいいか?がすべてに優先されてるのではないだろうかと思い始めていました。

今回の記事を読んで、少し胸のつかえがおりました。
違う種類の生き物と暮らすってこんなに大変だとおもいませんでした。まだまだわからないことだらけだど、楽しい毎日でありたいと思います。
by: やまむ * 2015/09/04 23:16 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: お久しぶりです。--

>>やまむさん
こんにちは^^
いつもこっそりブログ拝見していますよ~(笑
ヒック君、旅行やカフェに行けるようになって
かなり成長が見られてるじゃないですか!^^
この調子で頑張ってください~!

上下関係やリーダーなどの言葉があると説明はしやすいんですよね。
でも実際は人をしっかり観察して、自分への対応を観察して、
それに対する行動を行っているように思います。
よく考えると違う種類の動物であるヒトとイヌが暮らすことの始まりは
お互いに得があるからというところから始まっているはずなので、
犬が人の行動を見て、自分に得のある行動を繰り返すことは
理に適ってる考えなんじゃないかと思いました。
(ここはいまだに様々な意見や文献があるのでさらっと個人解釈で流してください♪)

同じようにリードを持っても、一緒に暮らしていない訓練士の方が
一瞬でコントロールできてしまうことは
その対応の仕方の差を犬が見抜いて、
犬はそれに合った行動をするだけで、
けして飼い主さんを見下しているわけではないと思っています^^
一緒に暮らす飼い主さんのことは犬は大好きです。
理屈じゃ説明できないような深い絆も存在します。

ちょっとした知恵比べが犬との生活には必要ですが
それも楽しいことだと思います♪
特に賢いヒック君はまだまだ楽しみ甲斐がありそうですね^m^
by: meg * 2015/09/05 15:30 * URL [ 編集 ] | page top
----

相手によって態度が変わるのは、人も犬も同じですね(笑)

「リーダー」という言葉の解釈を
「リーダー=偉い、上の立場、なめられちゃいけない」
みたいに思っている人、結構多い印象です。
だからマズルを強く握ったり、無理矢理ひっくり返したりという
体罰のようなものを使う躾(?)方法が根強いのかな・・・と。

私は「リーダー=犬をリードする(導く)人」と受け取っていて
うちの犬の性格上、そういう意味のリーダーが絶対必要だと思うので
私がリーダーであるように心がけています。
美味しい食べ物も楽しい遊びも、全て私がリードするので、
犬はご褒美欲しさによく従います。コーギーですから~!(笑)
by: エム * 2015/09/06 17:45 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんばんは。
コギ子のことを思い出すと、今回のお話よくわかります(笑)
誰に何をどこまでやっていいかって分かってやってるところありました。ごめんなさいの仕方も相手によって違うし(どうやったら効果的かわかってる)、散歩のときの歩き方も、家族によって違いました。父の散歩の時は好き放題できるとわかっているのであっちへフラフラ、こっちへフラフラ(笑)でも言うことはちゃんと聞くし、バカにされてる感はなかったなあ。

うちのコギ子は女の子だったし、大人しい子だったのでそれで良かったですが、ワンのキャラクターによっては問題行動にならないように、本当にきちんと人がリードしてあげないといけないですね。
by: はぎ子 * 2015/09/07 21:17 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>エムさん
こんにちは。

そうですね、リーダーって言葉の意味「引っ張っていく」が
一番しっくりきますね!
やっぱり頼りない人よりも、頼れる飼い主さんの方が
犬は一緒にいて落ち着きます。

上下・主従関係などの言葉があるとどうしても力でどうにかする=体罰
というイメージもついてくるので、
人間のルールを教える時は上手く折り合いをつけさせるというのが
一番うまくいくように思います。

あとは人が犬を愛すれば愛するほど、犬はその倍以上返してくれるので
そんな言葉すらいらないような気もしますね!
by: meg * 2015/09/08 14:20 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>はぎ子さん
こんにちは。

お母さんだったら見つめてたらおやつをもらえるからじーっといつまでも見てよう・・・
みたいな態度の変え方は愛犬を見てると本当によくあります(笑
結局人も犬もお互いが「その行動」を無意識に強化してるんですよね。面白いです。
言うことは聞くけど、この人ならこのぐらいでいいかな~ 別に直されないし!
みたいなところもあります(笑 逆に私だとビシバシやるのでしっかりやる、みたいな(笑

どうしたら自分に得があるか、という犬が選ぶ行動の中で
「攻撃的な行動」に出るのはやはり気質や育て方に起因するので
オスで気の強い子とかだとやはり全員がしっかりとした態度を取らないと、
強気な態度を取ることはやはりありますね。
by: meg * 2015/09/08 14:28 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |