犬に上手く指示が伝わらない時は・・・
2015 / 09 / 30 ( Wed )
20150930nicole.jpg子犬から成犬への成長過程や環境変化などで
今までできていたことが出来なくなったり、
指示を聞けなくなったり、
今までと違う行動に出ることがあります。

そんな愛犬を見ると飼い主さん
「今までできていたのになんで!?」
と焦ったりしてしまいますが
(特に熱心にトレーニングしてきた方に多いです)
そういう状況の犬に指示を伝え続けても伝わらず
逆効果になることがあります。

押してダメなら引いてみる。

そんな時は焦らず下記のことを実践していきましょう。
  • レベルを下げること
  • 悪い経験をさせないこと
  • 気分転換を行うこと

レベルを下げること


指示が伝わらないのであれば、おやつを使った誘導を使うなど
レベルを下げます。

集中が取れないのであれば、鼻先からおやつをもって行き
目が合うように少しでも近づけます。

今まで出来ていたということは忘れて、
簡単なレベルにしていきましょう。

悪い経験をさせないこと


今まで吠えなかった人や犬に吠えるようになったら、
まずその経験をそれ以上させない様に、
その場から離れたり、落ち着かせるようにします。

指示を繰り返して、その行動を達成させないというのも
悪い経験ですので、指示をして出来ないようであれば
上記の「レベル下げ」をして、それでもできないようなら
その場から離れて意識を別に向けましょう。

指示を聞けない状況というのは多くの犬は
意識が別に行っていてそれどころではないという状況です。

Uターンをしたり、間に入ったり・・・
こちらから犬が集中している物を遮る様に工夫すれば集中が途切れます。

気分転換を行う


気分転換を行うように少し一緒に歩いたり速足をして、
そのまま呼び込んだりして集中を取り戻すように努力します。

その時に飼い主さんも一緒に深呼吸しましょう!
人の緊張や焦りは犬にダイレクトに伝わることがあります。

この壁を乗り越えたら、また少しずつ集中を取り戻して
指示を聞けるようになっていきます。

飼い主さんの気持ちは必ず愛犬に伝わっていきますので
何事も焦らないでゆっくり(深呼吸)を心がけましょう^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | しつけ全般 | コメント(4) | page top
コメント
----

こんばんは。元コギ子飼いのはぎ子です。
先日はアドバイスありがとうございました。
とうとう週末にブリーダーから、二歳の女の子のコーギーを里犬として迎えました!

さぞかし手間がかかるだろうと思いきや、散歩は元ショードッグだけあってキビキビ歩き、体のどこを触っても嫌がらず、無駄ほえもしない、拍子抜けするほどいい子です。(コーギーとしては小さく細身です)

トイレは失敗続きでまだまだこれからですが、気長に行きます。今まで外でしていた子なので、家の中でするようにしつけ直そうとしていますがやはり難しそうです。よく水を飲む(そしてすぐ出す)子なので、水を飲む目安量の過去記事なども、改めてとても参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。

ブリーダーさんでも大事にされていた子ですが、おそらく一匹だけで可愛がられた経験はなく、甘え方もよくわかってないようです。不安なのか、家に来たときから、ケージに入っていない間は家族のあとをついて回って離れませんでした。

ただ今日あたりから少しずつ緊張がとけてきたようで、私のそばで手足を伸ばしてくつろぐことが増えました。さっきはケージで初めてへそ天で寝てましたし(笑)
前の子よりも小さい背中と、少しずつ心を許してくれる様子を見ると、じーんとしてしまいます…(T^T)

早く安心して、伸び伸びおてんばさんになってくれるといいなと思います。
by: はぎ子 * 2015/09/30 23:00 * URL [ 編集 ] | page top
----

「押してだめならひいてみる」

この格言が、こんなにも温かく、そしてホッとさせられる言葉だったなんて。
心のギスギスが、ほろほろっと溶けていくような記事でした。

ついつい結果を急ぎすぎて、求めすぎて。

やり方が間違えているのかと心配で、あれこれ闇雲に試してみたり、逆に「こうすれば良いと聞いた」と、無理強いしたり。

「それどころではない」状態の時に、そんな、焦りや不安に満ちた指示を出されたって、ワンコだってどうにもならないですよね。

そうですよね。
ため息をつくのではなく、大きく深呼吸ですね。(^^)
気持ちの良い空気を沢山吸って心も視野も広げて、気持ちを切り替えながら、その子に合った方法を取り入れながら、落ち着いて進んでいくことが大切ですね。

私の場合、本当に文字通り、「ゆっくりでも、一歩一歩進んで行くこと」が目標です(^m^)

ところでシュナ子ちゃんの写真、可愛いですね!無表情^^だなんてとんでもない、お目目キラキラの良いお顔。今までの写真もキリっとしたりほんわかしたり、きょとんとしたり、可愛いお顔が一杯でした♪

だけど(・エ・)→この顔文字には、思わず笑ってしまいました。ミニシュナちゃんの真顔って、確かにこんな感じですよね。

ラブ子の無表情に心配で悩んで「犬、笑わない、無表情」で検索した事もありました(笑)
でもこれも、その子によってそれぞれなのですね^^

本当にmegさんの仰るとおり、「犬っぽくない」のです。基本的に、いるかいないか分からないくらい静かで、しっぽぶんぶん~♪お顔ペロペロ~♪というところが無いのです。
ちょっと寂しいというか、物足りないような気持ちにもなりますがwww、やっぱりたまらなく可愛いです♪
by: ナッツ * 2015/10/05 07:48 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>はぎ子さん
こんにちは!お返事遅くなって申し訳ありませんでした!

コーギーちゃんのお迎えおめでとうございました!^^
扱いやすい子のようでよかったです。
ブリーダー引退犬はやっぱりトイレとお散歩が難しいという子が多いので
おトイレはそうですね~、焦らずゆっくりですね^^

少しずつはぎ子さんのお家に慣れてきたら
きっともっといろんな面を見せてくれるんだろうなと私も楽しみですw
またご報告楽しみにしています~^^
by: meg * 2015/10/07 17:11 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ナッツさん
こんにちは~コメントありがとうございます!

そうですね、私も愛犬が子犬の時に焦ってしまって
結果を求めすぎてしまった時は一度落ち着いて
ゆっくり一歩ずつ・・・と肝に銘じてました。
「その子」が出来るようになるまでの時間を
他の子と絶対に比べないこと。
簡単なことですが、難しいですよね。
私自身は特にいろんな犬と接してきたので
どうして今できなくなったんだ?と
他の子と比べてしまうことが多かったです。
でも愛犬のペースを理解して、
そのペースに寄り添うようにトレーニングをしていったら
向こうも自然と素直に従ってくれたり、
意思の疎通が取れるようになりました。

本当に深呼吸して一時停止は大事だと思います^^

ラブ子ちゃんとゆっくり前に進んでいってください♪

愛犬のこと褒めていただきありがとうございます(笑
さらに眉毛がつくと(`・エ・´)こんな感じかな??
尻尾も短いしあまり振らないのでぬいぐるみみたいです(笑
でもよく見るとお耳がパタパタしたり、怖い時はすぐ下がったり
嬉しい時はお耳で表情がよくわかります。
その子によって感情が出る場所が違うので
それも観察してみると面白いですね^m^
ラブ子ちゃんもその独特な愛情表現が本当にかわいいです♪
by: meg * 2015/10/07 17:28 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |