犬の冬の過ごし方~暖房と乾燥と給水量~
2016 / 01 / 13 ( Wed )
私の住む関東地域は数日前からやっと冬本番というような寒さになりました。

皆様のお家はどうでしょうか?

部屋も冷えてしまい、今冬初めてエアコンをつけました(^^;)

エアコンの暖房をつけると部屋全体が暖まりますが、
乾燥がかなり気になりますね。

乾燥すると人もそうですが、犬ものどが渇きます。

常設してるお皿のお水や給水ボトルなどのお水の量は足りているか
常にチェックをしてあげてください。

乾燥により普段よりお水をよく飲むようであれば、
トイレに行く回数やおしっこの量も増えます。

常にトイレに行けるように状況であれば問題はないのですが、
外でしか排泄しないような子は、
トイレタイムをしっかり設けてあげてください。

暖房をつけず部屋が寒い状態であれば、
犬は冷えから水分はあまり取らない傾向にあり、
給水量の低下は泌尿器のトラブルにつながるため、
どちらの状況でも冬は「給水量」に関して
しっかりチェックしてあげてください。

温度だけでなく湿度も加湿器で気にしてあげて
犬にとって過ごしやすい環境を作ってあげましょう。

犬に最も快適な気温は22℃ぐらいで湿度は40~60%ぐらいと言われます。
(個体差、犬種差などあります。)

犬目線の所に温度計や湿度計を設置してあげると
犬にとって良い環境を維持できているかわかりやすいです。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |