犬の尻尾が下がっているときは・・・
2016 / 03 / 16 ( Wed )
犬の尻尾が股の間まで入って下がっている時、
多くの人は「怖がっている」時と考えます。

怖がっている時尻尾は下がりますが、
それ以外にも多くの理由から
尻尾が下がっていることが多く、
また健康チェックにも重要なので
どういった理由があるのか理解をしておきましょう。

犬の尻尾が下がる理由


  • 体に痛みがある
  • 恐怖を感じている
  • ストレスを感じている
  • その行動をしてほしくないとアピールしている
  • 自分が弱いことをアピールしている(服従
などがあげられます。

一番気にして欲しいのが、
体に痛みがあったり体調不良の場合も尻尾が下がるということです。

恐怖やストレスを与えているような状況ではないのに
尻尾が下がり震えていたり、動かないような場合は
体に異常がある可能性があります。

ストレスや恐怖を感じているときに下がりますが、
こうなっているときに追いつめると
場合によってはパニックで余計恐怖感を与えたり、
噛みつく可能性があるのでまずは落ち着くまで見守りましょう。

犬にとって嫌な事をしようとしたとき、
その空気を呼んでそそくさと尻尾を巻いて
逃げて行くこともあります。
え~やだな・・・ぐらいの事が多いので
こんな時は我が家では普通に捕獲して実行してしまいます(笑
関係が築けていれば噛まれたりすることはありません。

尻尾を下げてゆっくり振りながら
体勢を低くして近寄ってくるような場合は
服従心が強く飼い主さんに対し自分が下であることをアピールしています。

一重に尻尾が下がっている、
というだけでもこれだけ色々な感情や健康状態が読み取れます。
犬のきもちを理解するために役立てましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |