犬を長時間抱っこするときのコツ
2016 / 07 / 13 ( Wed )
夏は行楽シーズンという事もあり、
わんこと一緒にお出かけする方も多いかと思います。
お出かけをしたときなど、暑かったり、
人が多かったりしたときは長時間犬を抱っこしながら
移動しなくてはいけない時があります。

移動をしながらの抱っこで安定感がないと犬は不安になります。

>>安定感のある犬の抱っこの仕方

上手な抱っこのコツは体に密着させることなのですが、
体を壁にし、腕で補助をしてあげるように持つと
体重の重い子も長い時間持つことが出来ます。

腕の力だけで持とうとせず、体全体を使いましょう。

力があるからと腕だけで持つと両手で支えても
ふらふらと犬が不安定で不安そうな顔をしていました(笑
体全体を使ってしっかり持てれば、片手でも安定できます。
そして片手も空きますので自由度も高いです。

また、抱っこの移動の時はスリングなども携帯していると
よりスムーズですので、小さいわんこは利用してみましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |