しっかり受けよう、狂犬病予防接種!
2010 / 09 / 10 ( Fri )
cyusya.jpg狂犬病の予防接種、しっかりと受けていますか?

狂犬病の予防接種は義務として法律で定められているのですが、最近はうちの犬は噛まないからと、どうも接種をしていないという飼い主さんがちらほら…(ーー;)

狂犬病に対する認識が低くなってきてしまっているようです。

狂犬病予防接種についてもう一度考えてみましょう。

狂犬病とは


狂犬病とはウィルス性の人畜共通感染症で、
人を含めたすべての温血動物(哺乳類、鳥類)に感染する病気です。

感染した動物から噛まれ、傷口からウィルスに感染する場合がもっとも多いです。
水を怖がる恐水症状や脳炎症状、神経症状が現れ、
昏睡に陥り死に至るという、発症すれば死亡率はほぼ100%の恐ろしい病気です。

日本では1950年の狂犬病予防法により狂犬病ワクチンの接種が義務づけられ、
1956年以来人、犬ともに発症は確認されていません。

狂犬病予防接種と畜犬登録義務


日本では犬を飼う際に狂犬病予防法により
年に1回の狂犬病の予防接種が義務づけられています。
法律で決まっていることなので、未接種は罰せられることもあります。

これは、狂犬病の蔓延を防ぐとともに飼い主の義務であり、
必ず守りたいことです。

年に一回居住地の自治体が獣医師とともに実施する集合注射や、
獣医師に個人的に受けることもできます。

また、わんこを始めて飼った際には30日以内に、市町村の役所や保健所に届け出て
「畜犬登録」を行うことも義務付けられています。
ここで「犬鑑札」をもらい、こちらは生涯一回の登録となります。

予防接種を行うと「予防接種済み票」をもらいます。plate.jpg
この二つは身分証となるのでワンちゃんの首輪に装着しておくと迷子時に役に立ちます。

首輪などに装着するように指定されているのですが、
「デザイン性&大きさがちょっと…^^;」という飼い主さんの意見が多く
なかなか首輪に付けることが普及しないので、近年では軽量化、可愛い形のプレートにする自治体も出ています。

未接種・未登録だとどうなるの?


現在小型犬の飼育数が増えたことから、小型犬には負担があるなどを理由にして
予防を拒否している方がいます。
極端な虚弱犬やワクチン接種後に副作用が出たわんこなどは
獣医師に相談をしてください。

ちなみに未接種・未登録だと
  • 犬のサービスや施設を利用できない場合がある
  • 口咬事故を起こした際に問題となる
  • もし狂犬病が発生した際には処分対処にもなり得る
などが起こります。
ほとんどのドッグランやペットホテルなどの利用規約に
狂犬病ワクチン接種済みという項目が含まれています。
証明書を提出しないと利用が出来ない場合もあります。

もし愛犬が人の手を噛んでしまった時などに狂犬病予防をしていないと
怪我をさせてしまったこと以上の問題が起きる可能性があります。

今は日本では発生していない狂犬病ですが、
狂犬病はいつどこでどのような形で入ってくるかわかりません。
その時に日本のわんこのほとんどが予防接種をしていなかったらどうなるでしょうか。

ワクチンによって地道に撲滅してきた狂犬病清浄国を
これから守っていくのもわんこと飼い主さんによるものだと思います。

中国ではワクチン未接種の犬から狂犬病が発生した際、
ウィルスが変異する可能性があるということで
ワクチン接種済みの犬も処分対象とされてしまったとか…

ワンちゃんを守るためにもしっかりとワクチン接種を行いましょう。

※9/14記事の一部を修正しました


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

09 : 58 : 35 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |