犬より猫の方がしつけが簡単って本当?
2017 / 02 / 15 ( Wed )
今回も前回に引き続きまた犬と猫のお話です。

犬より猫の方がしつけが簡単、とよく言われていますね。

特に最近猫ブームとのことでそういった紹介をされますが、
実際は猫は犬よりかなり自由気ままなので、
何かを教えるという点では犬より難しいです(笑

ただ、しつけが簡単といわれる理由の一つに、
“猫と生活するうえでの基本的なしつけ”
ある程度本能に沿った環境づくりで
教えることが出来るからです。

猫の基本は本能を利用したしつけ方法


動物と暮らすうえで飼い主さんが覚えておいてほしいしつけとして
一番は「トイレ」かと思います。

このトイレを教える時に猫の場合は
排泄を砂場で行う習性があるため、砂場を用意すれば
そこで排泄をするようになります。


トイレ砂の場所を教えてあげれば、
元々本能的に砂場での排泄を好む猫はそこを好んで利用するようになるため、
トイレのしつけは比較的簡単です。

ただし、砂の感触と布団などの柔らかい感触を間違えて
布団を好んでしまうと、何度も失敗されてしまう
ので
この点は対策をしなくてはいけません。

どうしてもトイレ砂での排泄を覚えないという子は
トイレ砂が気に入らない、トイレの場所が行きづらいなどの原因も考えられます。

犬のトイレトレーニングは主にペットシーツで行いますが、
犬自身はペットシーツの上に排泄をするということを
本能に沿った行動として行わない
ので、
「褒める」ことで強化する必要があります。

(元々柔らかい場所で排泄をしやすい、という事はありますが、
野生でペットシーツというものは存在しないですよね)

これが犬のトイレトレーニングが根気がいると言われる所以ですが
しっかり教えるとコマンドで排泄もできるようになり、
人がコントロールすることもできます。

トイレトレーニングの方法もこれだけ違うんですね。

また、犬のしつけで問題になる「吠え」も
猫は目立たない「鳴き声」なので
生活するうえであまり問題にならないのも
「しつけが簡単」と言われてしまう理由なのかもしれませんが、
我が家の犬猫は猫の方がうるさく、犬は吠えません(笑

どんな動物でも飼育していてうまくいかない、
思っていたことと違うなんてことはたくさんあります。
そのためどの動物もひとくくりに「しつけが簡単」という事はないと思います。


ですのでその動物の性質をしっかり受け入れて、
その子に合ったしつけや飼育を考えてあげること、
ストレスにならない飼い方をしてあげることが
何よりも重要だと思います。

「しつけが簡単」「世話が簡単」と紹介されてしまう世の中がちょっと気になったので
犬と猫のお話でした(^^)ゞ



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 雑学 | コメント(24) | page top
コメント
--トイレトレのその後--

ご無沙汰しております。

約1年前、外でしか排泄をしなくなったシェルティに気が狂いそうになりながら室内トイレトレをやり直し・・
結局いまは室内トイレが完璧に自らでも行けちゃうようになりました。
環境を整える・元々の本能。本当にそうですね。
今では私の勝手な“このほうがいいんじゃない?”がワンを迷わせていたように思います。

ワンを引き取るときにブリーダーさんから「シェルティは綺麗好きだから寝床とトイレは離してくださいね」といわれていたのに、ゲージが広いとはいえ、ゲージ内でトイレと寝床がある・・
ワン的には許せなかったんでしょうね。
今は寝床はクレート、トイレはゲージと分けてます。遊んでいてもトイレのときは自らゲージに行って済ませるようになりました。
◯万円したゲージが今ではトイレ、ちょっと無駄遣いしたような残念な気持ちではありますが・・ 1年前の追い詰められたようなあのときの心境に比べれば・・ まあいっかと(笑)

人のルールに合わせさせるの前に、人がその犬の習性を理解して環境を整えてあげるのが必要だったんですね。

megさんの“我慢できる子”があのときは救いの言葉でした。
本当に我慢できる子らしく、出かける前に「ステイ」おやつを前に置く、その間私は出かける準備で家の中あちこち動き回る、玄関に戻ってきて「OK」パクッと。
OKと言われるまでずっと我慢して目の前のおやつをじっと見て食べずに待っているお利口な子に育ちました。
by: みっこ * 2017/02/16 23:14 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: トイレトレのその後--

>>みっこさん
こんにちは!

シェルティちゃんトイレトレ上手くいったようで良かったです!!
みっこさんもシェルティちゃんも根気よく頑張ったんですね!
諦めてしまう飼い主さんが多い中素晴らしいと思います。

トイレトレは一段階越えられれば、あとは上手くいくという事が多いような気がします。
でもそこまでが飼い主さんの心理的に難しいんですよね。

どの環境なら排泄してもらいやすいかな?というのを
その子によって色々と考えてあげるのが一番重要なのかなと思います。

その点をわかってあげられるのは飼い主さんなので、
上手に再トレーニングできたのはみっこさんが
シェルティちゃんの気持ちをよく理解してあげられたことの
結果だと思いますよ^^胸を張ってくださいね!

あとは心の余裕ってとても大事だと思います。

シェルティちゃんトイレ以外にもすご~くいい子ですね!^m^
これからも良い関係で過ごせることかと思います!
嬉しいご報告ありがとうございましたv
by: meg * 2017/02/17 15:13 * URL [ 編集 ] | page top
--今年もよろしくお願いします。--

遅まきながら新年のご挨拶をさせていただきました。^^
ご無沙汰してます!

最近はなんでそんなこと書いてあるの?と思うような記事やら番組が多いですね。
我が家もわんこをつれていると「ボーダーって賢いんでしょう?いう事聞いておりこうね」といわれます。
そんな時心の中で「賢い子は人のいう事なんてききませんよ。。(ノ_-;)ハア…」とつぶやいてしまいます。

いまだについて歩くことなんてできないし、彼らの決めたルールを変えるのはとても難しいと感じています。
(どのワンコもそうだと思います)
ヒックも訓練をランのように区切られた空間で行っていたので、そういう場所だとついてもします。
でも、外にでるといまだに全然だめで。

どうやったら私の傍について歩くことが正しいと教えられるか。。と今日も散歩途中でイライラして帰ってきてしまいました。
悩みを山のように抱えてきた頃とはまったく違っていて、本当に色々聞き分けてくれるようになりました(家の中では。)

しかし、どうしても外にでるときょろきょろして
最近は近くの公園との往復ばかりだったせいか、
大きな道路沿いの道も落ち着いて歩けなくなってしまいました。

ほかにできるようになったことはいっぱいあるのに、当初の目的であるついて歩くができない為に
何もできてない気がしてしまいます。
ヒックに悪いですね。

ついて歩く、食糞、私のストレスの大半を占めることは、一年の訓練でもどうにもなりませんでした。
いったいどうしたものかと、、いまだに頭を抱えています。
それでもディスク大会などでは楽しい時間をすごせるようになって少しは私たちも進歩してるようです。

いつになったら私を信頼して歩いてくれるんですかね~(^^;)
by: やまむ * 2017/02/22 12:51 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 今年もよろしくお願いします。--

>>やまむさん
こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします!

う~ん、ヒック君成長もあれば課題もまだまだあるようですね・・・
お外でのついてに関しては単純に外の刺激に対して
過敏になりやすいことが影響していると思います。
より多くの経験や年齢が上がることでそのあたりは
多少落ち着くかもしれません。
お家や区切られた空間だと上手くいくという事で、
まずはそういった場所でトレーニングモードにしてから
少しずつ刺激のある場所に出て戻る、という様に
していけると良いかなあとは思います。

食糞は家でのトレーニングは出来ているとのことですので、
少しでも目を離すときは「マテ」の指示で待機できないでしょうか?
おそらく食糞するタイミングはほんの少し目を離した時だと思いますので。

現状のヒック君の様子やトレーナーさんが別にいらっしゃるのと
繰り返しのアドバイスになってしまうので
良いアドバイスができず申し訳ないです。
(あと、おそらくもう実践されてることも多いかと思います・・・)

ディスクが出来るというのは本当に大きな成長だと思いますよ!!
わんこが出来ることをのばしてあげれたのは素晴らしい事です^^

ヒック君も本能との葛藤がまだまだ大きくあるのかなと思います。
どうか良い方向に行くことを願っています…m(__)m
by: meg * 2017/02/25 17:24 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/03/01 00:44 * [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございます。--

>>やまむさん
こんにちは。

スパイクがなくなるとそういう行動に出るのは
やはり嫌な圧力がなくなったことを理解しているからに他ならないので、
どうしてもそこで前に進めなくなってしまいますよね。
(スパイクは私自身は使わないので、大きくお話は出来ませんが
訓練士さんと飼い主さんではどうしても埋められない「経験の差」が
出てしまいやすいのでしょうね・・・。)

お話を聞いて、やまむさんもヒック君も今ストレスを抱えてしまって
それが悪循環になってしまっているようにも感じました。

私自身やまむさんとヒック君に合っているトレーニングは
直に一緒にトレーニングを行う方法だと思っていましたが、
別の方向性として犬の幼稚園などの
「ヒック君と離れている状況」を作るトレーニング
がいいかもしれない、と思う様になりました。

理由としては日常的に他の犬と遊んだり、
トレーナーと遊ぶことにより「刺激」「ストレス発散」が
出来ること。

預かっている間にトレーニングをしてもらえること。

1日刺激を受けることにより、家では落ち着けること。

ヒック君に1日の刺激を与えることによって
やまむさんの心身的な負担が大きく減り、
落ち着けること。

「疲れた犬はいい犬だ」と言います。
しかしボーダーを一日疲れさせるのは
羊でも追わせない限りとても難しいです。
特にお仕事をしていると不可能ですよね^^;

その点をお任せしてみるのも一つの手かな、とも思いました。
(問題はそういった施設がお近くにあるかなのですが)
あとは幼稚園系のトレーナーは一般的に陽性強化が多いので
スパイクは使わないはずです。
私のトレーニング方法に近いはずです。

私なんかに勿体ないお言葉ありがとうございますm(__)m
何か少しでもお力に慣れれば幸いです。
by: meg * 2017/03/03 14:32 * URL [ 編集 ] | page top
--こんにちは☆--

ごぶさたしております。

昨年の腸重積に骨折、、、今年はもうと思っていましたら、、、本日、前右足の爪を折ってしまい、圧迫止血、消毒、注射をしてもらい帰宅しました。

床につくとおててが痛いのか、ふらふらして。。。

神経はギリギリなので、このまま血が止まれば大丈夫とのことです。

傷がつかないようなら、麻酔をして電気メスで焼くことになります。

お散歩から戻り、床におろしたときに血がついていたので気づきました。お散歩中、特にないたりもしなかったので、まったく気づきませんでした。

バカなママです。

なにか、気をつけてあげることはありますか?いつも突然で、本当にごめんなさい。

どうぞよろしくお願いいたします。
by: かお * 2017/03/06 15:37 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: こんにちは☆--

>>かおさん
こんにちは。

またわんちゃんに事件が起きてしまったのですね~><

出血自体は以外と早く止まると思うのですが、
折ってしまったということであれば
爪を引っ張られた?ように折れていると思いますので、
根元の方が痛むかもしれませんね。

家では爪が引っかかる様なタオル生地などの素材や
爪が滑るフローリングを避けて、
お散歩では硬く爪に衝撃が起きやすい
コンクリートなどを避けてあげてお散歩したりしてあげると良いと思います。

早く良くなりますよう願っています!
by: meg * 2017/03/07 17:44 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとうございます--

こんにちは。

獣医師からは止血後、傷がくっついていないときは、全身麻酔で電気メスでシールすることになりますと言われていましたが、幸い止血もうまくいき、抗生剤をもらい帰宅しました。←折れた翌日、2度目の診察。

自宅はヘルニア予防のため、コルクシートを敷いています。サークル内もヘルニア予防でマットを敷いていますが、爪が引っかからないものにしています。

今も膝ですやすや、今月25日は9歳のお誕生日なのに。先生は来週はシャンプーも大丈夫ですと言っていましたが、念のために予約を先延ばししました。

by: かお * 2017/03/09 15:34 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございます--

>>かおさん
こんにちは。
何とか落ち着いたようでよかったです。
対策も十分にされているので安心ですね!^o^v
by: meg * 2017/03/10 15:47 * URL [ 編集 ] | page top
--トイレトレーニング--

子犬のトイレトレーニングについてご相談です。
3カ月のミニチュアシュナウザーの男の子です。
我が家に来て1カ月余りで、サークルの中にトイレと、寝るスペースがあります。最初はトイレシーツを寝るスペース以外に敷いていました。サークルにいるときにはシーツの上で排泄ができるようになったのですが、シーツを破いたり、食べたりしてしまうようになり、カバーのついたトイレトレイにしました。最初は戸惑っていましたが、その後2日くらいはその上でほぼ全部していました。しかし3日目(昨日)くらいから、トレーの上では全くしなくなり、寝るスペースのマットやフリースの上でしてしまいます。
こういう場合はどうしたらよいでしょうか。トレーをやめたらまた食べてしまう(今もマットの下の念のためのシートを引き出して食べることがあります)でしょうし、トレイとシートのみの併用もあまり意味がないような気がします。

日中誰もいなくなるため、サークルの中で過ごしています。お散歩は3回目のワクチンがまだなので、抱っこでのお散歩にたまに行く程度です。

よろしくお願いいたします。
by: yui * 2017/03/16 15:54 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: トイレトレーニング--

>>yuiさん
こんにちは。

3ヶ月のシュナちゃん!とってもかわいい盛りですね!
さて、トイレトレーニングですが
おそらくシュナちゃんはトイレの認識がほとんどありません。
またフリースやベッドも寝床としてちゃんと認識していないので
「どっちにしてもいいや~」
と思っている可能性があります。

これをしっかり教えてあげるにはまず寝床として
汚したくない場所、安心して寝れる場所としての
ハウス(クレート)を利用しましょう。

トイレの認識をしっかりさせるためには、
寝床が分かってから、トイレトレーへ行って排泄する
という事を教える必要があります。

つまり、夜間はハウスで寝かせて
朝起きた時にトイレトレーでたまったオシッコやウンチを
しっかりさせるという事で
トイレと寝床をしっかり覚えさせるのです。

日中はお仕事とのことですので、
ハウスを使ったお留守番は子犬には難しいです。
可能であればケージの扉部分にハウスを連結させる、
またはハウスとトイレを一緒に居れることができる
広さのあるサークルを使う。
ことが出来ればある程度「認識」を育てる事は出来ると思います。

留守番中のトイレを失敗してしまうのはこの段階では仕方ありませんので、
朝晩など一緒に過ごせる時間に、しっかりトイレのタイミングを見計らって、
トイレトレーニングを行うようにしてあげてください。

ハウストレーニングもお時間のある時を使って覚えさせていきましょう^^
by: meg * 2017/03/16 17:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

早速のご回答ありがとうございます。
シュナかわいいです!でも思った以上に元気でびっくりです。

そうなんですね、トイレの認識がまだできていないんですね。
トイレトレイの上でおもちゃで遊んでたりするですが、そこがいいというより、トイレとそれ以外の区別ができていないからなんですね。

マンションでそれほど広くないスペースなので、ケージとハウス直結や、ひろいケージは無理なのですが、最初使っていた、ハウス型のベッド(布製)をもう一度入れてみます。
このベッドで最初寝ていたのですが、暑いのかベッをつぶしてその上で寝たり、ベッドの下に潜り込んだりして大暴れしていたのでやめてしまいました。
家にいるときは、トレイで成功した際にものすごくほめて、サークルから出して遊んでいます。
少しずつでも覚えてくれたらいいのですが。
ありがとうございました。
またご報告させていただきます。
by: yui * 2017/03/17 14:09 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>yuiさん
こんにちは。
シュナ可愛いですよね(^m^)

おそらくトイレと寝床という区別より、
今寝てなかった方に排泄しようという感覚があるのではないかと思います。
安心して眠ることのできる寝床(巣穴)であれば
寝床としての認識は高まりそうなので、
フリースよりかはハウス型のベッドの方が良いかと思います。
ただやはり布製なので「ぬいぐるみ」という感覚もありそうなので
おもちゃになってしまう可能性は高いですが!^-^;

犬用ベッドの囲いがついている物や高さがあるものなどは
トイレとの区別はしやすいかもしれません、

あとやはりフリースなどやわらかい物は
トイレの素材として認識してしまいやすいので
注意してみてあげてください。

トイレトレイで成功したことを褒めてあげるのはとても良いですね!
トイレトレーニングはすぐには出来ないことが普通なので、
試行錯誤してその子に合った方法をまず探してみましょう^^
(私も無駄になったトレーなどいろいろあります笑)
by: meg * 2017/03/17 14:30 * URL [ 編集 ] | page top
----

お世話になっております。

おっしゃったとおり、ハウス型のベッドに戻したら、あっという間に潰してその上で寝たり、遊んだり、ひっくり返したりしましたが、そこでは排泄せず2日ほど過ごしました。
やった!と思いましたが、その後、潰したベッドの上で大、小、ともに2割くらいでしょうか、するように。
このまま様子をみていたら、だんだん区別するようになるのでしょうか?
それとも、他の方法がよいのでしょうか。

トイレトレイの上で過ごすことも増えています。トレイの網があることで、トイレ感を感じないのでしょうか。
シートに触れるよう網を取ったらよいでしょうか。

心配なのは、シートを食べてしまうことです。今までは全部か分かりませんが、シートがウンチと一緒に出ていましたが、どのくらい危険なのでしょうか。

根気よく・・・どうしたらよいのかちょっと分からなくなってきてしまいました。すみません、よろしくお願いいたします。
by: yui * 2017/03/21 11:00 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>yuiさん
ハウス型ベッドはおもちゃになってしまいましたか・・・
ハウス型ベッドを続けてもいいかとは思うのですが、
クレート(ハウス)を寝床として認識させるのがいいかなと思います。

①夜寝る時はクレートに入れて朝起きたらすぐにサークルトイレに連れて行く。
こうすることで寝場所としてのクレートを覚え、
また排泄のタイミングも合うのでトイレを教えることができる。
(我慢できずクレート内でしてしまっていた場合は少し早めに起きてトイレに連れて行く)
②日中はクレートの上部を取って下の部分だけを入れてベッドにする。
(間違えることはどうしてもあるので、汚されても洗濯が楽だと
飼い主さんの気持ちが楽なのでタオルやフリースを使う)

クレート使用のおすすめは掃除がとても楽ですので、
ベッドは汚されると洗濯がしづらいし
臭いが残る可能性もある、というのもあります。

クレートをまず夜の寝床として使用するようにし、
そちらを好むように、習慣付けてください。

サークルの広さが取れるのであれば、ベッドとトイレはサークル内でも
犬自身が区別しやすいのですが、狭いとどうしてもこういうケースが起きます。
やはり何か別の意識化をしていった方がいいと思います。

3ヶ月だったらどんな子でもトイレトレーニングは苦戦するものです。
ですので落ち着いていきましょう!^^
成功を増やしていってあげることが失敗をしなくなる方法です。

ペットシーツはお留守番が長いとどうしても遊びたくなってしまう素材なので
現状はトレーありの方がいいと思います。
食べるというよりは遊んでいるときに口に入ってしまう程度だと思いますが、
やはりたくさん食べてしまうのは危険ですので・・・!

あとはコングなど長く遊べるおもちゃをして気を紛らわせるのも一つの手かなと思います。
by: meg * 2017/03/21 11:30 * URL [ 編集 ] | page top
----

アドバイスありがとうございます。
クレート検討します。

人間にとっても、毎日のようにベッドやバスタオルなんかを洗っているストレスが軽減されるだけでも大きいかもです!
by: yui * 2017/03/22 17:12 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>yuiさん
クレートのような周りを囲まれる場所はわんこが寝床と認識しやすい、
安心しやすい場所なので、気に入ってくれるといいですね。
クレート自体役に立ち、無駄にならないものなので
1つ、2つ成長に合わせて持っておくと良いですよ!
(我が家は子犬時はSサイズ、現在はMサイズです)
上手くいきますように!!
by: meg * 2017/03/22 17:41 * URL [ 編集 ] | page top
--経過報告--

お世話になっております。
アドバイスをいただいてからだいぶご無沙汰をしてしまいましたが、クレートを使ってみてのご報告です。
夜はクレートで寝て、朝サークルの中のトイレを済まし、昼間はサークル内(ベッドとトイレ)で過ごしています。
おかげさまで、ベッドの中での排泄はほぼなくなりました。トイレの間隔もだいぶあいてきたように思います。
まだ、サークルの外で遊んでいて、こちらが油断していると、カーペットの上でしてしまうのですが、これもいずれはトイレに行くようになるでしょうか。
臭いをかぐ様子からトイレかな?と思ってサークルに入れても、そうではないことが多く、外で遊んでトイレに誘導というのはなかなかできません。
それと・・・、食糞するようになってしまいました。人が家にいるときには、すぐに捨てるようにしていますが、日中お留守番時にはしっかり食べてしまっています。
これも自然になくなりますか?

なかなか手ごわいシュナですが、ほとんど鳴かないし、お座りは前からですが、最近は伏せもできるようになりました。歯がかゆいのか、歯磨きも大好きです。
焦らずにいこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
by: yui * 2017/05/30 14:25 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 経過報告--

>>yuiさん
こんにちは!経過報告ありがとうございます^^
クレートでのトレーニング上手くいったようでよかったです!

>>サークルの外で遊んでいて、こちらが油断していると、カーペットの上でしてしまうのですが、これもいずれはトイレに行くようになるでしょうか。
クレートでのトイレトレーニングを続ると「トイレでの排泄」を
意識できるようになってきますので、
それまではサポートして強化を続けてあげてください^^
また、もっと成長すると排泄感覚が伸びてきて回数や時間も
大体決まった時になって来ますので、大丈夫ですよ^^

食糞もおそらく、日中のお留守番の時の排便が成長と共に
そろそろなくなると思いますので(回数自体が少なくなります)
そのまま自然になくなるかな、と思います。
ただ、成長しきるまでは繰り返してしまうかもしれません。
出来る限り朝に排便させて、日中はゆっくりおやすみできるように
少しずつなれていければいいと思います^^

シュナちゃんの成長とても楽しいと思います^▽^
大変なこともあると思いますが、
子犬との暮らしはそれも含めていい思い出になりますので
(コメント見て、うちの子も食糞して大変だったな~なんて思ったり笑)
ゆっくりyuiさんもシュナちゃんも成長していきましょう~!
by: meg * 2017/05/30 15:44 * URL [ 編集 ] | page top
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2017/05/30 16:45 * [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>yuiさん
こんにちは。
5か月で6キロ!そろそろ成長自体は止まると思いますが、どうかな~^^

甘噛みに関してですね。
シュナって結構マイペースなので、無視作戦があまり効果的でないように思います。
(意図が伝わりにくいような…)

甘噛みのトレーニングは
「噛みたいものを噛ませてあげて噛みたい欲求を満たしてあげる」
「興奮したらすぐにクールダウンできるようにコマンドを入れていく」
この二つを意識すると、段々と落ち着いていくと思います。

犬にとっては「歯がかゆい」「遊び」と思っているので
甘噛み自体は悪い事と考えるよりも、
ロープなどの噛んでもいいものを噛ませて、
とにかく「噛みたい欲」を発散させましょう。
歯がかゆい時期が終わったら、自然と減ってきます。
ロープ遊びが楽しい!という状況になった時に
手を噛んで来たら低く短い声で「アッ!」や「No!」など言って
遊びを止めましょう。
手を噛むと楽しい遊びが終了してしまう、
という事は教えてあげられると思います。

また、これぐらいの月齢の犬が甘噛みをするという場合は
「興奮している」「テンションが上がっている」ことが多いです。
遊んでいてテンションが上がってきたらクールダウンさせるために
体を抑えたり、オスワリやマテなど静止のコマンドを入れましょう。

お子様の声は多分興奮させてしまうと思います。
痛さでソファーの上に逃げる=逃げた物を追う=楽しい!という
犬にとっては逆に興奮して楽しくなってしまう遊びでもあります^^;

これはココちゃん、お子様…どちらに言っても止めるのは難しいと思いますので…

お家の中でもしばらくは興奮をコントロールできるように、
リードをつけてあげるといいと思います。
落ち着いたときにフリーにしてあげたり、
落ち着きを学ばせていきましょう。
by: meg * 2017/06/02 15:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

ありがとうございます!
甘噛みは、「だんだんなくなる」のと、「放っておくと噛み癖になる」などいろいろな意見があるのと、どちらにしても子供は痛がるし、靴下に穴があくしで、このまま様子見でいいのか、厳しくしつけするのか、それはどうやったら伝わるのか?・・・どうしたものかと思っていました。

なので、いずれはおさまること、今できることを教えていただいて、ちょっと気が楽になりました。

噛みたいものを噛ませてあげようと、噛むおもちゃをいろいろそろえていますが、人間の手が一番好きで、おもちゃよりも手を噛みます。
歯磨きシートでの歯磨きが大好きなのですが、これも手を好きにさせる一因でしょうか。

確かに、興奮してくると、甘噛みもひどくなります。
クールダウンですね。
まずはリードを付けて、興奮状態でもお座りができるようにかな・・・

ありがとうございます。
また報告させていただきます。

by: yui * 2017/06/07 14:15 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>yuiさん
こんにちは。

>甘噛みは、「だんだんなくなる」のと、「放っておくと噛み癖になる」などいろいろな意見がある

わんちゃんに「正しい甘噛み」を教えられれば「手を噛むこと」はだんだんしなくなっていきます。
「放っておくと噛み癖になる」のは叩いたり、興奮させる叱り方をしたりする「正しくない方法」で
しつけをしたり、人に噛むことで自分の思い通りになったり勘違いをさせてしまうと
「噛み癖」になっていきます。

大事なのは甘噛みで「手を噛まないこと」なんです。
今ココちゃんが手やお子さんの靴下を噛むのは「おもちゃより反応があって楽しいから」です。
長いロープなど手に当たらないおもちゃで遊びながら、
高い声で褒めたりしてあげてください。

歯みがきシートは関係なく、歯や口元に触る事に慣れさせるというのは
とてもいいことなので、続けてください。

一番難しいのがお子さんへの対応なのですが、お子さんに実践してもらうのは難しいので
これはやっぱり大人側のコントロールで「させない」ように予防するしかないです。
興奮してお子さんの所に行ったら呼び戻すのでもいいですね。
by: meg * 2017/06/10 14:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |