犬がドライヤーを嫌がる場合の対処法
2017 / 11 / 15 ( Wed )
犬をシャンプーした後は、ドライヤーを使用して乾かしていきますが、
ドライヤーは大きな音がしたり、熱くて強い風が吹いたりと
犬にとっては普段あまり経験しない「不快」なものですので、
苦手な子が多いです。

ドライヤーが苦手なので、自然乾燥にしているという方もいますが、
乾ききっていないと、体温を奪われたり、生臭くなったり、
皮膚に悪い影響を与えることもあるので、
出来るだけ早く乾かすために、ドライヤーを使用しましょう。

犬がドライヤーを嫌がる時は下記のように対応してみてください。

  • ドライヤーの風量を調節する
  • ドライヤーの温度を調節する
  • 風が顔に直接当たらないようにかける
  • 熱くならないように、同じ部位にかけすぎない

ドライヤーの風量を調節する


ドライヤーの風量を調節すると「音」と「噴き出す風の量」を調節できます。

子犬など、ドライヤー自体に慣れていない場合は風量を下げて使用してみましょう。

体は気にしなくても、顔に風がかかると気にしてしまうこの場合は、
部位によって風量を調節してみましょう。

ドライヤーの温度を調節する


ドライヤーは温風・冷風に調節できます。
基本的には温風を使用して乾かしますが、
顔などは目や鼻など、敏感な部位があるため、
温風を嫌がることがあります。

そういう場合は冷風を使用し、
タオルドライも併用してさっと乾かしましょう。

風が顔に直接当たらないようにかける


前述のように体を乾かすのは大丈夫でも、
顔に風が当たるのを嫌う犬は多いです。

ドライヤーを離して風を当てたり、
顔の下から風を当てるなど、
工夫をしてみましょう。

熱くならないように、同じ部位にかけすぎない


同じ部位ばかりドライヤーを当ててしまうと、
皮膚が熱くなり、犬は痛みを感じてしまいます。

同じ部位に当て続けることはせず、
ドライヤーは常に動かして使用しましょう。

自分の手を犬の体に当てると、体が熱くなっていないか
確認もできます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬のお手入れ | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |