FC2ブログ
トイレを覚えている犬が突然お漏らししてしまう原因
2019 / 08 / 15 ( Thu )
少し暑くなったある日のこと、
愛犬はいつもよりお水を多く飲んでいました。

愛犬はいつもご飯を食べた後に大量のオシッコをするのですが、
その日はいつも通りにご飯後にオシッコをしたあとに
なんと、同じぐらいの量のオシッコをトイレではない違う場所で
してしまいました(・o・)…

いつも粗相をしない愛犬です。

愛犬も違う所でしてしまった、間に合わなかったと分かっていたようで
意識しないで出てしまったという感じでした。

幸いジョイントマットの上だったので、
掃除はしやすくて良かったです。

しかし、どうしてこのようなことが起きてしまったのでしょうか。

トイレを覚えている犬が突然お漏らししてしまう原因


  • シニアになった
  • 水を飲む量が増えた
  • ストレス(心的な原因)

シニアになった
犬も人間と同じで、年を取ると筋肉が衰えますが、
その際に膀胱の筋肉も衰えていくため、トイレに間に合わなかった、
ふとした瞬間に漏れてしまった…などが起きます。

さらに高齢になると「認知症」でも見られる症状です。

水を飲む量が増えた
水を飲む量が増えると、当然排尿量も増えます。
いつもと同じ量を1回では出し切れず、
別の場所に移動した時に急に催してしまったなどが考えられます。

ステロイドなどの薬を使用していたり、
腎臓や泌尿器の病気、甲状腺の疾患になっている時も
飲水量が増えるので、お漏らししてしまうこともあります。

ストレス(心的な原因)
環境の変化や運動不足などストレスが溜まると、
トイレを外してしまうことがあります。

ストレスになることはなかったか、しっかり考えてみましょう。

犬のお漏らし対策


早めにトイレに連れていく
間に合わなくなる前に、早めにトイレに連れていき、排尿させましょう。
現在、愛犬の場合はこれで対策できています。

上手くいかない場合はトイレの数を増やすのも良いでしょう。

掃除をしやすい素材を床に敷く
失敗したときに掃除しやすい素材の場合は、
飼い主さんの精神的な負担も少なくなるためおすすめです。

お漏らしだけでなく、トイレトレーニング中の子犬にも有効です。

お漏らしは犬もとっても戸惑います。
一時的な場合はすぐに収まるので、叱らないでくださいね。



愛犬の年齢は8才ですので、シニアに入り始めた年齢となります。

一般的にはもっと高齢犬で起こる現象ですが、
愛犬は「たくさんお水を飲んだ」ということと
「シニアに入りかけた年齢」のため偶然起きてしまったと考えられます。

以前、環境の変化(甥っ子が生まれた)があった時に
トイレを外してしまったことがありますが、
今回は環境が全く変わらない状況だったので、少しびっくりしてしまいました。

結果として今回の愛犬のお漏らしは一時的な物だったのですが、
飲水量も、排尿回数も多いことがずっと続いたり、
お漏らしがずっと続く場合は病院で見てもらいましょう。

Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | トイレトレーニング | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |