愛犬の喜ぶ5つの遊びにチャレンジ!
2010 / 09 / 27 ( Mon )
「わんこと遊ぶと言っても具体的にどんな遊びをすれば喜んでくれるかわからない」
という方も多いのではないでしょうか。

「わんこが大好きな遊び」はわんこの本能を刺激してあげる遊びです。
人間社会で暮らすわんこにとって「本能」を出し過ぎてしまうと
それは問題行動となってしまいますね。

しかし本能とはわんこが本来持ち合わせている物なので、
発揮させてあげないとストレスがたまってしまいます。

ですので、飼い主さんが工夫して
わんこの本能を良い方向に刺激してあげられる下記のような遊びを
飼い主さんが提供してあげることが必要です。
  • 一人遊び(かじる・くわえる)
  • 引っ張りっこ遊び
  • ボール投げ遊び
  • 追いかけっこ遊び
  • 宝物さがし

遊ぶ際の注意点などは以前のエントリ
犬とおもちゃで楽しく遊ぼう!」もご参考ください^^

一人遊び(かじる・くわえる)


かじることやくわえることはわんこにとって子犬のころから覚えている
単純で、とてもストレス解消になる遊びの一つです。
子犬は噛むことによって噛む力加減を学びますし、
成犬になってもこの遊びはわんこの中では楽しい遊びの一つとなります。

一人遊びなので、わんこと飼い主さんとの遊びではありませんが、
愛犬が好きな噛み心地のおもちゃやおやつをいろいろ探して与えるというのも
飼い主さんとわんこの楽しみの一つですね。

引っ張りっこ遊び


わんこがまだ獲物を仕留めていた時代。その獲物を兄弟同士で引っ張りあい、
奪いあいながら生活していました。その名残でわんこは引っ張るということが大好きです。
ロープ状のおもちゃなどが引っ張りっこには適しています。

片方を飼い主さんが持ち、片方をわんこがくわえて引っ張り合います。
飼い主さんとわんこどちらが最終的にゲットするかは8対2ぐらいの割合にします。
たまには負けてあげないと「いつも自分の手に入らない…」と
わんこもへこんでしまいますので(笑 
遊びの終了の際には飼い主さんがゲットした時に終わりにするようにしましょう。

引っ張り合いのまま走ってみたり、
くわえたおもちゃを走ってるわんこを「すごいねー」と褒めてテンションをあげたり…
人もわんこも楽しくできる遊びです。

ボール投げ遊び


飼い主さんがボールを投げてわんこが持ってくる「持ってこい」の遊びです。
この遊びはレトリーバーなどの
撃ち落とした獲物を運んでくる仕事をしていたわんこが特に好みます。

別段教えなくとも持ってくる子は多いのですが、放すことができなかったり、
追ってもくわえて来ないという子がいるため
「キャッチ」や「モッテ」で物を持つこと、「チョーダイ」で放すことを
練習してみましょう。

追いかけっこ遊び


「獲物を追いかける」ことを野生時代にしていたので、追いかけっこ遊びは大好きです。
ただただ一緒に走るのもよし、ボールを蹴って一緒に遊ぶもよし!
走りながらオイデを練習してみたりもよいでしょう。

ただ、一緒に走るとわんこは興奮しやすいです。
飛びかかってきたらすぐに走るのをやめて
楽しい遊びはストップさせるようにしてください。

宝物さがし


takaramono.jpg食料を匂いで探していたため、わんこは匂いを嗅ぐことが大好きです。
この欲求を満たしてあげるために宝物さがしをしてみましょう。

最初はおやつやおもちゃを手に持ってわんこの鼻先にちらつかせてから目の前で布の下などに隠して「探せ」の合図で探させます。
最初はすぐに見つけることが出来ると思いますので、見つけたら褒めてあげましょう。

隠す場所を複雑にしたり、隠す姿を見せなかったり…徐々にレベルを上げていって
宝物を見つけたらオスワリさせて知らせるようにしてみたりと、
なんちゃって警察犬・救助犬ごっこをしてみるのも楽しいかも!?

その他にも飼い主さんは隠れたところからわんこを呼んで
わんこに捜索させるものなんかも楽しいかもしれませんね^^

よく見てみると人間の子供同士の遊びに似ていませんか?
実は子供の遊びからヒントを得てわんこの遊びを考えることが出来るのですね。
飼い主さんとワンちゃんだけの遊びを考えてみるのも楽しいでしょう^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 23 : 47 | 犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |