「テイク」で憧れのお手伝い犬になれる?いたずらの発想を転換しよう!
2011 / 11 / 16 ( Wed )
よく、家の中に置いてある物を勝手に口に咥えてしまう子がいますね。
こんな姿を見かけるとつい、
「うちの子いたずら好きなのよね~
と言ってしまう飼い主さんが多いと思います。

よくあるいたずらですが、
これをただのいたずらと考えるか、
素晴らしい能力の芽と見るかで全く違う子に育つのですよ^^

物を咥えるいたずら。
この見方を変えてみると
置いてある物を咥えて持ってくる
という一つの動作になります。

そう、
飼い主さんの元へ物を持ってくる動作
「テイク」
になります。sinbun.jpg

この子たちにとっては教えずとも自然と出る動作なので、
この動作を教えるのは他の子よりも簡単です。

何でも持って来てしまうという動作を
指示した物だけ持ってくるという動作に変えれば
いたずらが、賢いお手伝い犬に変わるのです。

その子の才能を伸ばすも殺すも飼い主さんの考え次第ということですね。

では、物を咥えるいたずら犬にテイクを教えるにはどうすればいいのかというと…
  1. ターゲットを一つに絞り、名前と持ってくることを関連付ける
  2. たくさんの物の中から持ってこれるように練習する
  3. 指示していない物を持ってきても褒美は与えない

①ターゲットを一つに絞り、名前と持ってくることを関連付ける


まず、新聞を持ってくるようにしてみます。

新聞だけをいつも物を咥えてくる場所において、
新聞テイク!」と言います。

咥えることが元々好きな子なので、これだけでも普通に咥えてくるはずです。
咥えたらオイデで持って来させます。

持ってきたらおやつと交換します。
これを何回も繰り返します。

これが出来るようになると
「新聞テイク」で「新聞を持ってくる」と「おやつがもらえる」→ハッピー!
という流れを覚えるので
「新聞テイク」「新聞を持ってくる行動」増えます。

②たくさんの物の中から持ってこれるように練習する


続いては少し物を増やし、その中から新聞だけを持ってこさせるようにします。

違う物を咥えるようなら「新聞テイク」を理解していないので
もう一度新聞を咥えさせることを覚えさせましょう。

最初は新聞ともう一つ別の物だけなど難易度を下げます。

③指示していない物を持ってきても褒美は与えない


指示していない時に新聞を持ってきたり、
指示していない物を持ってきた時は無視をします。

「物を勝手に持ってくる」→「ご褒美がもらえない」→バッド!

持ってきてもご褒美がもらえない時があるとわかると
物を持ってこなくなるので結果としていたずらが減ります。

不適切な行動はなくなっていき、結果としてテイクだけが残るようになれば
新聞を持ってきてくれるお手伝い犬の完成です!

新聞を覚えたら次は他の単語を組み合わせると
根気入りますが新聞以外にも色々な物を持って来れるようになります。

ちなみにこれらの良い行動を増やして悪い行動を減らしていくのは
オペラント条件付けの基本的な原理です。

飼い主さんが良いことを明確にしてあげると、犬も行動の選択が出来るようになります。

犬にとっては大好きなことで、でも飼い主さんにとってはいたずらだったことも
飼い主さんにも喜んでもらえる、ご褒美がもらえることに変わったら
犬も人もとっても幸せですよね^^

元々物を持たない子は物を持つということから始めなくてはいけないので
テイクを教えるには少し時間がかかります。

そう考えると、物を咥えるというのもその子の素晴らしい能力だと思いませんか?

ただし、咥えることが好きな子の中には異常な執着を見せる子もいます。
あまりにも執着しすぎてしまう物は見えない場所にしまう等
飼い主さんの管理もその子の能力を伸ばしてあげるためには必要です。

犬は飼い主さんの役に立つことが大好きです。

良い部分を伸ばすように育ててあげましょう^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

11 : 08 : 30 | トリック(一芸) | コメント(0) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~ゴロン、ローリング、バーン!~
2011 / 10 / 31 ( Mon )
床の上でおなかを見せる、床を転がって一回転する、
バーン!と銃で撃つ真似をすると死んだふりをする・・・等
床を転がる芸は見た目にも可愛く、教えてみたい芸の一つですね。

これらの名称は正式には決まっていないので好きな指示語にして良いのですが
  • ゴロン→おなかを見せる
  • ローリング→おなかを見せて一回転
  • バーン→銃で撃つ真似をしたらおなかを見せる
という名称が多く使われているようです。

おなかを見せるということは服従の動作になるため
気の強い子に教えるのには少し苦労するかもしれません。

教え方の基本としては3つとも同じ方法を用いて
アレンジしていきます。

①フセをさせる


まずは転がりやすいようにフセの体勢から始めます。
形が出来て、動きを理解して来たら別の体勢からも行っていけます。

②おやつを鼻先から背中の方へ持っていく


goron.jpgおやつを手に持ち、鼻先に近付けて、
そのまま背中の方に持っていきます。

すると背中の方に行ったおやつを見ようとして
首が後ろを向こうとしますので、ここで止めると「ゴロン」になります。

そのままおやつを動かすと
バランスの悪い格好なので転がるという形を取ります。
これが「ローリング」です。

ゴロンが出来るようになってから手を銃の形にして
「バーン」を後付けしていくと、
バーンと銃を向けると死んだふりをする「バーン」の形が出来ます。

上手く転がれない場合は手で補助をしてあげましょう。

③言葉だけでも出来るようにしていく


形が出来たら今度は言葉だけでも出来るように、手の動作を抜いて行ってみましょう。
(バーンだけは手の指示と連動した方が見た目に面白いですが)


難しそうに見えて意外に教えるのは簡単な動作ですよね。
しかしこの三つ、一気に教えたくなりますが、
似ている動作なので必ず形が崩れていきます。
(ゴロンがそのままローリングになったり、バーンで一回転してしまったり…)

特にゴロンやバーンがローリングに勝手になってしまいがちです。
勢いがつくと犬も転がりやすくなってしまうからですね。

一つ一つの動作をキープするためにも崩れてきたら
おなかを見せた状態で「マテ」をかけて転がることとおなかを見せることの
区別分けをしっかり行ってから解除をするようにしましょう。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

11 : 16 : 00 | トリック(一芸) | コメント(2) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~おまわり~
2011 / 04 / 14 ( Thu )
omawari.jpgトリック第二弾は「おまわり」です。

犬を回らせる動作ですが、場所もとらないためトリックとしては手軽に行えます。

動作としても複雑ではないので簡単に教えることのできる一芸です。

おまわりの規定


JKCの規定では
犬を所定の位置に脚側停座をさせる。
指示により、指導手は 犬と対面し、指示により右回りを3回命じる。
3回転終了後指導手は待てを命じ、停座させる。
指示により脚側停座させて終わる。

となっており、おまわり一回の指示で3回転させる形になっています。
しかし、競技会を目指さない場合は一回転でも良いでしょう。

おまわりは右回転と左回転どちらでも問題ありません。
指示を変えて分けて教えるのも良いでしょう。

指示語には
  • おまわり
  • スピン
  • ターン
  • まわれ

などがあります。

おまわりは下記の順番で教えます。
  1. おやつを持って誘導する
  2. 手で誘導する
  3. 手の指示と声の指示を組み合わせる
  4. 声の指示だけにする

①おやつを持って誘導する


おやつを手に持ち犬の鼻先につけます。
そのまま一回転させるように誘導しましょう。
一回転回ったところでおやつをあげます。

②手で誘導する


回ることを教えた後は手で回るように指示をし、
回りきったところで別の手からおやつを与えるようにします。
すると手の誘導とおやつを切り離すことができます。

③手の指示と声の指示を組み合わせる


手を回しながら「おまわり」「スピン」などの声の指示をかけて
指示と動きを連動させていきます。

④声の指示だけにする


少しずつ手の指示を大きく動かす円から、
小さい円にしていき、徐々にフェードアウトしていきます。
最終的には手の動きは関係なく言葉のみの指示だけで出来るようにします。

一回の指示で3回まわらせるようにするには
回ることを覚えたら褒めるタイミングを変えていき、
3回まわった直後だけ褒めるようにします。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 19 : 40 | トリック(一芸) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~お手&おかわり~
2011 / 04 / 12 ( Tue )
一芸のことをトリックと言います。
トリックはオスワリフセなどの服従訓練に用いられる基本的な動作とは違い、
教えなくても問題のない物が多いですが、
基本的な動作を覚えてきたら
飼い主さんとコミュニケーションの一つとして教えてみると良いでしょう。

また“指示に従う”という意味では主従関係を築けるとも言えます。

ちなみにこの「トリック」はJKCの家庭犬訓練試験(中等科)CD2では
選択科目として取り入れられています。

トリックの中で最も有名なのは「お手&おかわり」でしょう。
人とのコミュニケーションとして最も簡単で場所もとらないものと言えます。
ちなみに前足は人にあまり触れられたくない敏感な部分なので、
お手をすることにより、前足に触れられることに慣れさせるということも出来ます。

今回はこの「お手&おかわり」についてお話します。

お手&おかわりの規定


「お手&おかわり」は右手と左手どちらがお手でどちらが左手か
迷うことがありませんか?

JKC既定としては最初に出す前足がお手で、
続いて出す前足がおかわりということだそうです。

なので、連続して同じ手でなければ
どちらがお手でもおかわりでも良いということですね。

特にこだわらなければ「お手」単体だけで教えるのも良いでしょう。

「お手&おかわり」は前足をあげるきっかけを作るのが重要です。
手をあげさせるきっかけ作りが出来ればあとは意外と簡単に覚えます。
しかし、手をあまり動かさない子というのは少し教えにくいです。

ちなみに我が家の犬は事あるごとに手を出すタイプの犬のため、
逆に勢いがつきすぎて、落着かせて手を出すことを教えました(笑)

お手を教える方法としては
  • おやつを手に持ち、前足で探させる方法
  • 前足を持ち、後付けで教えていく方法
があります。

おやつを手に持ち、前足で探させる方法


まず、おやつを手に持ち、手をグーにしたまま床に置きます。
そのまま犬に「どうやったらおやつが食べれるか」考えさせます。

鼻でクンクンしたり色々な動作が出ますが、
前足を乗せた瞬間に「イイコ」や「イエス」と言っておやつをあげます。

これで「前足を手に乗せた瞬間」が「正解」だと教えることが出来ます。

そのままグーの手の高さをあげていき、上の方に持っていくと
お手の形が出来てきます。
おやつ抜き、手の形をパーにするなど少しずつ形態を「お手」に近づけ、
お手の形を作っていきます。

この時に「お手」というように言葉と結び付けていきましょう。

「おかわり」も同じように逆の手が出るように教えます。
お手とおかわりは連続でセットで教えても良いですが、
さらに高レベルを目指す場合は「お手」と「おかわり」を言葉で
区別できるように覚えさせてみましょう。

指示の言葉で判断しているかチェックするには
「おかわり」→「お手」というように逆に指示をしてみるとわかります。

前足を持ち、後付けで教えていく方法


お手と言いながら前足を持ち上げて、褒めておやつをあげます。
これを繰り返し行うと自発的に前足をあげるようになります。

最初から自発的に動作を行うように考えさせていないので、
形になるには少し時間がかかる場合もあります。

自分のわんこに合った教え方を見つけてみましょう♪



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

11 : 25 : 13 | トリック(一芸) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
犬にトリック(芸)を教えてみよう!
2010 / 12 / 20 ( Mon )
trick.jpg「お手」「おかわり」「チンチン」「スピン」などなど…

いわゆるわんこの一芸、一発芸と呼ばれる物があります。

これを別名「トリック」といいます。

わんこが一生懸命トリックをしているのはとてもかわいらしいですよね。

トリックはオスワリフセなど、必ず教えておいた方が良い動作ではありませんが、
一通りの動作が出来るようになったら少しずつ教えていくのも面白いと思います*^^*

トリックにはただかわいいだけじゃなく、下記のようなメリットもあります。
  • コミュニケーションになる
  • 頭と体の運動になる
  • ドッグスポーツに応用できる

コミュニケーションになる


トリックを教えること、トリックを指示すること、
トリックが出来てみんなに褒めてもらえること…
このすべてはわんこと飼い主さんのコミュニケーションになります。

トリックは子犬から老犬までどんなわんこも行えます。

わんことの日々の生活に刺激を与える物とも言えますね^^

褒めることなんてなくなってた…なんて寂しいことになってませんか?
新しいことを教えてどんどんわんことコミュニケーションを図ってみましょう!

頭と体の運動になる


トリックは頭を使って考えて、体で動きますのでこれだけで
わんこにとっては一つの運動にもなります。
また、基本動作の中のツイテオイデは家の中でもスペースがないと
なかなかできませんが、
トリックのほとんどはその場で出来るので、少ないスペースでも行えます。

老犬で足腰が弱くなってしまった子でも、
「お手」「おかわり」など座ったまま出来るトリックを教えられます。
頭を使いますのでこれは認知症の防止にもなるのです。

飼い主さんと愛犬のオリジナル技なんて作ってみるのも楽しいかもしれませんね!^^

ドッグスポーツに応用できる


トリックはドッグスポーツの中でも応用されます。有名なのがドッグダンスですね。
ドッグダンスは人とわんこが一緒にダンスするドッグスポーツですが、
基本動作+トリックから形を作っています。

例えば基本動作の「ツイテ」
トリック「スピン」「おじぎ」を教えておくと、
「人がステップをしながらわんこにツイテをさせて、
音楽に合わせてスピンを組み込み、おじぎをダンスのラストに持ってくる」
なんてことができます。これだけでもダンスをしているように見えますね。

上記のように競技として完璧な物を求めなくとも、
音楽に合わせてわんことダンスする…そんな楽しみ方もできると思います^^

トリックが出来るとこういったわんこと一緒に楽しむ競技の幅も広がります。


かわいい動作を飼い主さんの指示で出来るようになった瞬間、
わんこも飼い主さんもなんだか嬉しい顔になっていませんか?*^^*

トリックにはわんこと人を幸せに出来る効果があるんじゃないかと思います^^

色々なトリックについてはまた別の記事であげていきます。
どうぞお楽しみに☆

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 34 : 28 | トリック(一芸) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |