犬を長時間抱っこするときのコツ
2016 / 07 / 13 ( Wed )
夏は行楽シーズンという事もあり、
わんこと一緒にお出かけする方も多いかと思います。
お出かけをしたときなど、暑かったり、
人が多かったりしたときは長時間犬を抱っこしながら
移動しなくてはいけない時があります。

移動をしながらの抱っこで安定感がないと犬は不安になります。

>>安定感のある犬の抱っこの仕方

上手な抱っこのコツは体に密着させることなのですが、
体を壁にし、腕で補助をしてあげるように持つと
体重の重い子も長い時間持つことが出来ます。

腕の力だけで持とうとせず、体全体を使いましょう。

力があるからと腕だけで持つと両手で支えても
ふらふらと犬が不安定で不安そうな顔をしていました(笑
体全体を使ってしっかり持てれば、片手でも安定できます。
そして片手も空きますので自由度も高いです。

また、抱っこの移動の時はスリングなども携帯していると
よりスムーズですので、小さいわんこは利用してみましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
自分の飼っている犬の犬種特性を理解しよう
2016 / 06 / 22 ( Wed )
純血種を飼っている飼い主さんは
自分が飼っている犬が
何の仕事をしていたか知っていますか?

純血種は雑種と違い、目的があって種類を固定された犬です。

ですので、細かい性格や気質などは個々により異なりますが、
その犬種が持つ大元の“仕事の本能”が存在しており、
その仕事のために必要な行動が出やすいという事が
色々な種類が混ざった雑種と違いわかります。

例えば獲物を自分の目で追って、
自分の判断で捕まえる仕事をしていたサイトハウンドは
小動物や小型犬に対して本能的に追ってしまうことがあります。

これらを知っていれば「身近に潜む事故を防ぐ」ことができます。

見かけだけで犬種を選んでしまっていると
意外に知らない飼い主さんが多いですね。

「自分の飼っている犬がどんな立派な仕事をしていた犬か」

そう聞かれたら純血種を飼う飼い主さんは答えられるようにしましょうね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(3) | page top
雨の日の愛犬のお散歩行きますか?
2016 / 06 / 15 ( Wed )
面白い記事がありましたので、今日はこのお話。

雨の日に犬の散歩に行く飼い主はどれくらいいる? そして散歩させる理由は?(オーヴォ) - Yahoo!ニュース

雨の日のお散歩、皆さんは行きますか?

私は10年以上前の先代犬の時は室外犬で外でしか排泄をしなかったので
排泄のために雨の日も行っていました。
お散歩が大好きだったので、
少しでも外に出れるのが嬉しかったし、
室外犬なので“自分が構ってもらえる時間”として
嬉しかったのだと思います。(でも水は大嫌いでした(笑)

今の子は完全室内犬で排泄は室内でできるので
雨の日はお散歩はお休みです。
お散歩好き度は先代犬よりは低めな感じです。

どちらが良い・悪いではないので
雨の日にお散歩に行くのも行かないのも
結局は飼い主さんの自由ですし、
その子に合せたお散歩をしてあげればいいと思います。

お散歩をしないのがかわいそう、と思う人は行くのもいいですし、
お散歩のあとのケアがストレスになりそう、と思う人は止めればいいですし…

お散歩後のケアも先代の室外犬の場合はタオルで拭いて終わり!
という感じでした(笑 今考えるとすごく雑・・・^^;;;;

雨の日にお散歩をしない子は室内でいつも以上に遊んであげて、
雨の日にお散歩をする子は雨具など着せて雨に濡れる範囲を
少しでも減らしてあげられるとケアが楽になりますね^^


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
室外で飼育していた犬を室内で飼育するには…
2016 / 06 / 09 ( Thu )
室外で飼っていた犬を室内で飼う。

老犬や病気などで寒さや暑さが堪えるようになったり、
飼育環境が変わったりしたことをきっかけに
犬の飼育スタイルも変わることがあります。

他に室外飼育しかされていなかった犬の里親になった時などもありますね。

室外よりも室内で家族と一緒に過ごす方が、
群れで生活していた犬にとって適していますし、
近くで一緒に生活することで体調の変化も分かりやすいです。

ただ、長年室外で過ごしていた犬を室内に入れたら
落ち着かず、逆にストレスになりそうだったので
結局室外飼育のまま…ということも多あるようです。

こうならないためには、徐々に室内に慣らしていく必要があります。

初めは玄関から


私の先代の愛犬は室外犬で、玄関の扉の外で過ごしていましたが、
散歩後など玄関内にマットを敷いてくつろがせてあげたり、
おやつをあげながら話をしたり…
玄関がその子にとって「家族団らんの好きな空間」でした。

なので外の犬小屋と玄関が落ち着く場所でしたので、
病気になってから室内に入れた際も
そこまで混乱することはなかったように思います。

ですのでまず、外の雰囲気も感じられる玄関に慣らしていき、
そこで過ごさせる時間を日中作ってあげましょう。

気にするようなら扉も明けておき、外にも出られるようにします。

玄関をまずは好きな空間にしてあげましょう。

室内がどうしても落ち着かなければ玄関でも良いです。

雨風暑さ寒さが少しでもしのげる空間は
犬にとっては負担がかなり減ります。

室内にも自分のにおいのあるハウスを作ってあげる


外で使用していた犬小屋やハウスなどを室内にも用意し、
また、敷物なども入れてあげましょう。

まったく外とは違うにおいや広すぎる空間に
ぽつんと置かれてしまうと落ち着きません。

室内で落ち着く様に声掛けやマッサージなどしてあげる


落ち着く様に体をマッサージしてあげたり、
声をかけてあげたり、おやつをあげたり…
少しずつ無理せず慣らしてあげましょう。

室内で犬を飼うという事は室外で犬を飼う事よりも
大変なこともありますが、
それ以上に素晴らしい時間を過ごせるはずです。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
犬の生活リズムが乱れると…
2016 / 05 / 25 ( Wed )
最近ちょっと用事があり、
愛犬を実家に2週間ほど預かってもらっていました。

いざ私の家に帰ってくると、環境自体は長く暮らしている場所なので
落ちついていましたが、トイレの時間や場所や食事の時間などが
2週間前と違うので、慣れるまでに少し時間がかかりました。

具体的に言うと
  • いつも朝ご飯を食べた後にすぐに排泄するのにしない
  • 朝ごはんの食べ方がゆっくり
など、何となくリズムがかみ合わないような感じでした。

以前と同じように、とりあえず自分で排泄するようには促し、
元には戻ってきたのですが、
これだけ毎日暮らしていた環境や習慣があっても
違う場所に順応してしまうと、
犬の中ではリズムが狂って戻すのに時間がかかることに
驚きました。

引越しや、里親などで思いっきり環境が変わる子たちが
すぐに馴染めず、排泄の失敗やごはんを食べなくなるというのが
これを見てよくわかりました。

この時に排泄の方法を変えてしまったり(例:室内排泄から室外排泄へ)
ご飯にトッピングをしてしまったりすると、
それをきっかけに違う習慣が根付いてしまいます。

こういった場合は一時的な物なので、
焦らずいつもと同じ感覚で接してあげて、
リズムを取り戻してあげるようにしましょう。

ガラッと生活環境が変わってしまう場合は、
ゆっくりと新しい暮らしをゼロから教えてあげて
慣らしてあげましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>