室外で飼育していた犬を室内で飼育するには…
2016 / 06 / 09 ( Thu )
室外で飼っていた犬を室内で飼う。

老犬や病気などで寒さや暑さが堪えるようになったり、
飼育環境が変わったりしたことをきっかけに
犬の飼育スタイルも変わることがあります。

他に室外飼育しかされていなかった犬の里親になった時などもありますね。

室外よりも室内で家族と一緒に過ごす方が、
群れで生活していた犬にとって適していますし、
近くで一緒に生活することで体調の変化も分かりやすいです。

ただ、長年室外で過ごしていた犬を室内に入れたら
落ち着かず、逆にストレスになりそうだったので
結局室外飼育のまま…ということも多あるようです。

こうならないためには、徐々に室内に慣らしていく必要があります。

初めは玄関から


私の先代の愛犬は室外犬で、玄関の扉の外で過ごしていましたが、
散歩後など玄関内にマットを敷いてくつろがせてあげたり、
おやつをあげながら話をしたり…
玄関がその子にとって「家族団らんの好きな空間」でした。

なので外の犬小屋と玄関が落ち着く場所でしたので、
病気になってから室内に入れた際も
そこまで混乱することはなかったように思います。

ですのでまず、外の雰囲気も感じられる玄関に慣らしていき、
そこで過ごさせる時間を日中作ってあげましょう。

気にするようなら扉も明けておき、外にも出られるようにします。

玄関をまずは好きな空間にしてあげましょう。

室内がどうしても落ち着かなければ玄関でも良いです。

雨風暑さ寒さが少しでもしのげる空間は
犬にとっては負担がかなり減ります。

室内にも自分のにおいのあるハウスを作ってあげる


外で使用していた犬小屋やハウスなどを室内にも用意し、
また、敷物なども入れてあげましょう。

まったく外とは違うにおいや広すぎる空間に
ぽつんと置かれてしまうと落ち着きません。

室内で落ち着く様に声掛けやマッサージなどしてあげる


落ち着く様に体をマッサージしてあげたり、
声をかけてあげたり、おやつをあげたり…
少しずつ無理せず慣らしてあげましょう。

室内で犬を飼うという事は室外で犬を飼う事よりも
大変なこともありますが、
それ以上に素晴らしい時間を過ごせるはずです。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
犬の生活リズムが乱れると…
2016 / 05 / 25 ( Wed )
最近ちょっと用事があり、
愛犬を実家に2週間ほど預かってもらっていました。

いざ私の家に帰ってくると、環境自体は長く暮らしている場所なので
落ちついていましたが、トイレの時間や場所や食事の時間などが
2週間前と違うので、慣れるまでに少し時間がかかりました。

具体的に言うと
  • いつも朝ご飯を食べた後にすぐに排泄するのにしない
  • 朝ごはんの食べ方がゆっくり
など、何となくリズムがかみ合わないような感じでした。

以前と同じように、とりあえず自分で排泄するようには促し、
元には戻ってきたのですが、
これだけ毎日暮らしていた環境や習慣があっても
違う場所に順応してしまうと、
犬の中ではリズムが狂って戻すのに時間がかかることに
驚きました。

引越しや、里親などで思いっきり環境が変わる子たちが
すぐに馴染めず、排泄の失敗やごはんを食べなくなるというのが
これを見てよくわかりました。

この時に排泄の方法を変えてしまったり(例:室内排泄から室外排泄へ)
ご飯にトッピングをしてしまったりすると、
それをきっかけに違う習慣が根付いてしまいます。

こういった場合は一時的な物なので、
焦らずいつもと同じ感覚で接してあげて、
リズムを取り戻してあげるようにしましょう。

ガラッと生活環境が変わってしまう場合は、
ゆっくりと新しい暮らしをゼロから教えてあげて
慣らしてあげましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
走るの大好き!犬の本能の刺激
2016 / 05 / 12 ( Thu )
お久しぶりです^^
みなさんゴールデンウイークは楽しく過ごしましたか?^^

私はお天気が良かったので日曜日にひろ~いドッグランに行ってきました。
連休最終日だからか、わんちゃんは少なく、貸し切り状態!
広いドッグランに愛犬はニコニコ大はしゃぎで走り回って、
ああ、やっぱり犬だなあ、連れてきてよかったなあ^^と思いました。

20160512nicole2.jpgこちらが遊びに誘うなどしなくても
勝手に楽しそうに走り回るのを見て、
やっぱり犬は走るのが好きだし、本能として持っていることを
刺激してあげると喜ぶんですね。

ドッグランは犬同士遊ばせるところというイメージが強いですが、
こういった形で「思いっきり走らせてあげる場所」として
利用するのがやはり本来犬が喜ぶことなのかとも思います。

特に成犬になると、子犬の様に他の犬と遊ぶことを好まなくなるので
犬がたくさんいる場所に行くよりかは、
たくさん走れる場所、の方がより楽しいのかもしれません。
(中には子犬の様に無邪気に犬同士遊ぶ成犬もいますが^^)

貸し切りのような状態のドッグランはなかなか難しいかもしれませんが、
時間や場所があったら、ぜひ愛犬を楽しませてあげてください♪
他犬がたくさんいるところでは緊張してなかなか走れなかった子も
走って遊ぶことが出来るかもしれません^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
14 : 48 : 18 | 犬との生活 | コメント(8) | page top
災害時の迷子予防の重要性について
2016 / 04 / 27 ( Wed )
地震の後パニックになり、
逃げだしてしまった犬や猫が多くいたとニュースで拝見しました。

離れ離れになてしまった子達が再び飼い主さんと
暮らすことが出来るよう、祈っています。

人間も経験したことのないような揺れが突然起きたら
ほとんどの子はパニック状態になります。
我家の愛犬なんてビビリなので、普段は言うことを聞いても
絶対にパニックになります。

割れた窓ガラスから逃げ出してしまった子も多くいたようです。

こうなってしまうと、トレーニング云々よりも
やはりはぐれてしまうことも前提で普段から
対処してあげないといけません。

すぐに出来ることの一つとして家の中でも
「首輪」と「迷子札」と「鑑札」を必ずつけましょう。

“家の中にいるから安心”ということはないのです。

迷子札には飼い主さんの電話番号などを記載しますが、
「犬の名前」もしっかり記載しましょう。

誰かに保護された時、
名前が判れば情報として飼い主さんにも
見つかりやすくなりますし、
犬にとって「名前」は飼い主さんから呼ばれて嬉しい物ですので
不安な時に名前を呼ばれたら少し落ち着けると思います。

犬は人と違ってしゃべることが出来ません。
名前も飼い主さんのことも知っていてもその情報を
聞き出すことはできません。

なので、そんな愛犬のためにもぜひ
迷子札を着ける様にしてあげてください。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
続きを読む

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
災害時に犬の“ハウス”が役立つ3つの理由
2016 / 04 / 20 ( Wed )
多大な被害をもたらしている熊本地震。
未だ収まらない余震に現地の皆様は不安なことと思います。
被害に合われた方々にはお見舞いを申し上げます。

今回の地震をニュースで見ていて
避難所に犬を連れて避難している方を多く見かけました。

東日本大震災以降、ペット同伴の避難が
推奨されるようになったことも大きいのかと思います。

ただ、ペット同伴の避難が推奨されていても、
大人しくできない子や吠えてしまう子、
周りに迷惑をかけてしまうかも・・・
ということで避難所外で車中泊をされてる方も
多くいらっしゃることと思います。

実際多くの人がいるような場所や
揺れが何度も起きている状況では落ち着かず、
犬自身も普段とは違う行動を起こしてしまうのでは、と思います。

こんな時に「ハウス(クレート)」に入って落ち着くことが出来れば、
飼い主さんや犬自身も安心できますし、
また周りの人たちへもかなりの配慮が出来ます。

実際に避難所でペット同伴の場合はハウスに入ることが基本となりますが、
以下の理由からも災害時のハウスはとても役立つものです。
  • 犬自身が落ち着ける場所
  • 省スペースで行動を制限できる
  • 抜け毛の防止

犬自身が落ち着ける場所


ハウスは普段からしっかりトレーニングをすれば、
犬の安心できる場所になります。

生活環境が変わっても安心できることは
犬のストレス軽減にもなります。

また前回の記事(ハウストレーニングでどこでも落ち着ける場所を提供しよう)
でもお話ししたように、
場所が変わっても簡単に持ち運ぶことが出来るので
移動可能な落ち着ける場所、となります。

入口をタオルなどで覆ってしまえば周りも見えず
犬はかなり落ち着きます。

省スペースで行動を制限できる


ハウスは犬が寝ることが出来るという最低限のサイズですので、
省スペースで犬の行動を制限することができます。

避難所や車中など限られたスペースを利用する場合は、
ハウスのサイズはとてもコンパクトです。

ハウスに入れることにより犬の行動を制限することが出来るので、
他の方に迷惑をかけることもありません。

抜け毛の防止


ハウスの中にいると被毛の飛散を防ぐことが出来ます。

被毛の飛散はかなりの方が気にすることだと思いますので、
洋服を着せてハウスに入れることで
周りへの配慮が出来ます。

実際の被災地でのペットの避難を見てきたことではないため、
あくまで、一つの意見として見ていただければとは思います。
(非常時では物がないため出来ないこと・出来ることもあるかと思います)

ただ「ハウストレーニング」をしておらず
フリーの状態でしか過ごしたことのない犬は
ハウスに入れると吠えたり暴れたりしてしまい
移動させることが出来なかったり、
環境の変化についていけなかったりすることは実際に起こります。

避難所に行けず保護ボランティアなどの施設で預かられる場合も
ケージやハウスなどの中で管理されることが多いので、
こちらもハウスで生活したことがない犬は
ストレスになることがあります。

もしもの時のために、わんちゃんのためにも
普段からハウストレーニングはしっかり行っていきましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>