高齢犬の冬のお散歩の注意点
2014 / 12 / 17 ( Wed )
冬になり寒くなると散歩に出るのが億劫になりがちですよね。

健康な犬であれば暖かい時間に出て
冬もお散歩に行くことを続けましょう。

しかし高齢犬は寒さが体調に響きやすいので、注意が必要です。

病気がある場合は無理をしない


冬場の冷えは高齢犬が起こしやすい「関節炎」の原因の一つです。

他の季節の時は起こさないのに冬になると悪化するという子が多いですね。

関節炎が出ると当然歩くのに痛みが出てくるようになります。

このような場合は無理をしないで短時間の散歩にしたり、
無理をしない散歩を心がけましょう。

冷え対策を行って散歩に出る


高齢犬になると体温調節機能も衰えるため、
若い時よりも寒さ対策をしなくてはいけないのですが、
高齢でさらに内臓の疾患がある子は身体全体が冷えてくると
かなり負担が出るため、洋服など着せて寒さ対策を徹底しましょう。

どうしても歩くこと自体が難しい場合は、ペットカートに入れて散歩に出たり、
ドライブで外の景色を見せてあげたりしましょう。

外に出て見たり嗅いだり聞いたりするということは
脳に刺激が行くため、認知症の予防になりますし、
何より気分転換になります♪

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(0) | page top
秋の公園での犬散歩の注意点
2014 / 09 / 26 ( Fri )
最近お散歩をしていると少しずつ落ち葉やどんぐりなどが
落ちているのを見かけて、秋らしさが見られます。

落ち葉のガサガサはワンコたちにとっては楽しいものですが
興奮し過ぎには注意をしてくださいね^^

秋の公園でのお散歩の注意


ところで私のよく行く公園ではセミが少しずついなくなり、
夏の終わりだなーと思っていたら、
道に毛虫がたくさん出てきていることに気づきました;;

毛虫の時期は春の終わりから夏ぐらいがピーク
(桜が散ると増えてくるなあという印象)だと思っていたのですが、
どうやら調べてみると9月頃も発生のピークのようです。

毛虫に犬が刺されやすいのは肉球や内股などの毛の生えていない部分。

毛虫を見つけたら避けて通るようにしましょう!

>>犬のお散歩中に気を付けたい“虫”について

特に木が多く生えているような自然の多い公園は毛虫などの
害虫も多く発生します。

わんこにとっては楽しい環境ですが、
気をつけてあげましょう。

また、まだまだ他の害虫も活発な時期なので
ノミ・ダニの予防や、フィラリアの予防は忘れずにしましょうね^^




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 48 : 45 | お散歩 | コメント(0) | page top
リードの力に頼らないお散歩が役立つとき
2014 / 05 / 28 ( Wed )
先日愛犬の散歩のついでにクリーニング屋により、
コートを取ってきたのですが、
予想以上にかさばってしまい、両手が塞がってしまいました^^;;;
しかし、ここまできたら持って帰るしかない!
愛犬に頑張ってもらうしかない!

ということで、リードを鞄の紐にかけて
すべて「ツイテ」の口での指示だけで進んでいきました。

人とかなり近くですれ違うときは
集中を取って強めに指示をかけます。

人通りや車通りもあるところですが、
普段から練習していたので、上手に歩くことが出来ました

リードの力に頼らず、指示で人の側について歩くこと。
こういったもしもの場面で役に立つことがあります。
>>リードの力に頼らないで愛犬と上手に歩けますか?

普段引っ張りさえしなければ
そこまでかしこまった歩き方なんて必要ないと思っている方も
こんな時があるかもしれないのでツイテを練習してみるのも
良いと思いますよ!^^
というか、私は思いました(笑)

そして計画的に荷物は運ぼうと思いました(苦笑)

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

13 : 45 : 02 | お散歩 | コメント(0) | page top
散歩道にある危険な物に気をつけよう
2014 / 05 / 01 ( Thu )
お散歩から帰ってきたら、気づかないうちに愛犬が怪我をしていた…
そんなことありませんか?

散歩道は人の目線ではわかリにくい場所に
意外と危険がたくさんあります。

食べ物などの拾い食い以外にも
これらの物に気をつけましょう!

  • 木の枝や草など
  • 割れたガラス
  • 火の付いたタバコ

木の枝や草など


ちょうど犬の目線ぐらいにあたる小さな木や、
葉っぱなどは危険なものになります。

歩いている時に目に当たる可能性が高いからです。

特に目の大きい犬種やマズルの短い犬種、
足の短い犬種は直接目に当たりやすいので注意が必要です。

これらが目に当たると帰ってきてから目をシパシパしたり、
涙や目やにが出ていたり、
ひどいと炎症していることも有ります。

割れたガラス


靴を履いていない犬にとっては、割れたガラスを踏むと
肉球に傷がついたり、出血する恐れがあります。

道路にはポイ捨てされた瓶のかけらが散乱していることも多く、
割れたかけらは広範囲に広がっていることが有ります。

これらを見かけたら、大きく避けて歩くようにしましょう。

火の付いたタバコ


火の付いたタバコを犬が踏むと、
足の裏に火傷をする可能性があります。

一瞬なので大きな怪我にはなりませんが、
タバコは拾い食いしやすいものでもあるので
見つけたら避けましょう。

ガラスやタバコは完全にマナーの悪い人間のせいなのですが、
草や木は自然のものだからと意外と盲点ですよね。
茂みの中など歩かせるときは注意をしてみてあげてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 47 : 22 | お散歩 | コメント(2) | page top
自分のペースで歩く犬と上手にお散歩をする方法
2013 / 11 / 12 ( Tue )
今日ふと犬をお散歩させている人を見ると・・・
引っ張る→走る→止まる→引っ張る→走る→止まる→人に吠える・・・
・・・というとってもワイルドなお散歩をしていました^^;

ここまでじゃなくても、ついにおい嗅ぎで止まってしまったり、
お散歩中うろうろしてしまう子いますよね。

出来るならお散歩はエレガントに颯爽と行いたい物です。

だからといってトレーニングをするのもな~という方へ
ちょっとしたコツで変わる場合もあるので
今日はそんなものぐさテクニック(?)伝授です。

似たようなお話ですが少しレベルをあげたペース配分のお散歩の仕方はこちら!
>>犬が人に速度を合わせるようにお散歩をしてみよう

飼い主さんのペースで歩くこと


犬が走ったからと言って走ったり、
止まったからと言って止まったりしないで、
そのままますぐ進みましょう。

ペースを乱していたワンちゃんにとっては
革命を起こされた様な物です。

これだけで上手に歩けてしまう子もいます。

少し早歩きで歩くこと


ゆっくり歩いていると犬は嗅覚・視覚・聴覚、
色々なものに誘惑されやすいです。

なので、少し早めに歩いて集中を奪われる前に
通り過ぎるようにしましょう。

基本的にさっさと歩くのがお散歩には良いです。

早歩きすることによって前に飛び出るようなら
一気に歩く速度を緩めたりしてみましょう。

飼い主さんがお散歩のペースを犬に任せてしまうと
結局犬も不安になってしまいます。
スタスタスムーズな散歩を心がけてみましょう!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 03 : 50 | お散歩 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>