犬と猫のしつけ方法の違い
2017 / 01 / 15 ( Sun )
今回は犬と猫のお話です。

犬のしつけトレーニングとして最近の主流は
犬を褒めて伸ばしてあげる「陽性強化」のトレーニングですね。

シンプルに言うと

犬がした行動に対してご褒美を出すことにより
犬がその行動をすることが増える


というトレーニングです。

この陽性強化のトレーニングはどのような動物にも使えますし、
陽性強化を利用したクリッカートレーニング
イルカのトレーニングにも利用されます。

この陽性強化のトレーニングは犬にとても適しています。

※以下の文ではトレーニングは動作を教える、
しつけを人と生活するうえで必要なルールを教えることとして記載します。

陽性強化が犬のトレーニングに適している理由


その理由として
犬は人に褒められることが大好きで、
犬は“ご褒美”がわかりやすい
、というのが
挙げられます。

多くの犬は人とのコミュニケーションが好きで、
声をかけられたり、撫でられたりすることが大好きです。
また、ご褒美としてのおやつやおもちゃなどに対して
執着が強く、褒められてご褒美をもらえるということに対して
モチベーションが非常に高いです。

猫のしつけ・トレーニングは?


犬と並んで身近な動物である猫にも
ご褒美による陽性強化は可能ですが、
猫は犬よりもこれらへのモチベーションが低く、
あまり執着しません。(猫にもよりますが)

猫は「気まぐれ」なので何か動作を教えるトレーニングの場合は
猫の気持ちを考えて教えてあげる方が良いのでしょうね^^;

ですので、猫のしつけ(して欲しくない行動を止めさせる)に関しては
環境を整えてあげたり、天罰法を利用して猫自身に
「自分が行動して嫌なことがあったからもうその行動はしない」
ということを覚えてもらう方が効果的です。

(例:爪とぎを叱るよりも爪とぎ場を用意してあげる
例:飛び乗ってはいけないところに飛び乗ったら叱るより、
飛び乗った瞬間に物が落ちて来る天罰を起こす)

しつけでは犬のように声をかけたり撫でてあげて褒めることは猫にも有効ですが、
これも個体差があります(笑

褒めるしつけと叱るしつけ


褒めるしつけ以外にも叱るしつけが効果的なこともあります。

ただし叱るというしつけ方法は犬にとっても猫にとっても
タイミングや叱り方などで上手く伝わらないことが多いので、
(特に猫にとっては嫌なイメージ付けが先行して
逆効果になることが非常に高い)
こういった犬や猫の性質に合ったしつけ法を意識してみると
上手にしつけできるかもしれませんね^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(10) | page top
愛犬のお散歩中の危険察知は飼い主さんが行おう!
2016 / 12 / 15 ( Thu )
先月のニュースですが、お散歩中に拾い食いをした犬が
亡くなったという悲しい事件がありました。

拾い食いしたものは毒入りの物でしたので
おそらく動物に対して何か嫌な思いをした人が
行ったことだと思います。

この件に対して色々な意見を見ました。

「無差別にこんなことを行うのは非常に許せない」
「拾い食いのしつけをしたら防げる」


などなど・・・

もちろん毒物を置いておくこと自体は絶対に許せないことです。

ただ、それだけ動物に対して悪意を持つようになったのは
動物を飼う側のマナーが原因のこともあるので
(家の壁を平気でトイレ代わりにされる、吠え声がうるさいなど)
動物嫌いの人がなぜ嫌いになったのか?
という事も考える必要はあるかと思います。

どんな犬も拾い食いはしつけで防げる?


さて、今回のお話の本題は
「拾い食いはしつけをしたら防げるか?」
ということです。

このブログでも何回か拾い食い防止方法というのは
お話をしてきています。

結論としてはすべての子が同じように“しつけ”だけで防ぐのは難しいです。

もちろんしっかりしつけをすれば拾い食いを防ぐことはできます。

ただ、すべての飼い主さんと犬が同じようにしつけができるのか?
というと話は別になります。

なぜかというと拾い食いは
犬の本能の中でも「生きる」為に行ってきた行動なので
防ぐのは難しい行動の一つでもあるからです。

特にその子が異常ににおい嗅ぎや食べ物に執着する子の場合、
一般の飼い主さんでは難しいことがあります。
(トレーナーや訓練士が介入すれば話は違いますが…)

ビーグルなどにおいを嗅ぐのが大好きな犬種や
脚が短くて地面に鼻や口が近づきやすい子は
治すのは難しいこともありますし、
(脚が短いと飼い主さんが拾い食いに気付きにくい)
反対に外では落ちている物に興味を持たない子もいます。

同じ犬でも個性がこれだけあります^^;

拾い食い防止には飼い主さんの管理がとても大事


結局のところ
  • 「飼い主さんが犬より早く危険な物を察知すること」
  • 「リードを短く持ち、においを常に嗅がせて歩かせないこと」

という飼い主さんの管理が最も重要だと思います。

私は散歩中数m先を見て、
後ろからは何か来ないか耳を集中させて歩いています。

この間は夜のお散歩で、小さな安全ピンが落ちているのを発見し
愛犬が踏むのを避けさせることが出来ました。

落ちている物は食べる以外にも踏みつけて危険なこともあります。

飼い主さんが怪しい物が落ちていないか危険を察知して避けてあげることは
一番確実に愛犬を守れる方法だと思います。

しつけと管理を上手に駆使して拾い食いをさせないようにお散歩していきましょう。

スマホを見ながら愛犬のお散歩をするなんてしないようにしましょうね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(10) | page top
犬と人のボーダーラインをしっかり意識しよう
2016 / 11 / 10 ( Thu )
この間、テレビを見ていたらびっくりするような光景が@@
飼い主さんがケーキを食べているときにおねだりするわんこ。
そのケーキを自分が食べていたスプーンから与えて、
さらにまた自分が食べるという・・・・

NGすぎることが沢山すぎて呆然してしまいました^^;

まず・・・
  1. 人の食べ物を犬にあげること=健康面でNG
  2. おねだりする犬に食べ物をあげること=しつけ面でNG
  3. 人の使ったスプーン、犬に使ったスプーンを共有すること=衛生面でNG
  4. (4.それをかわいい、として報道してしまうことNG!!)

可愛がることと甘やかすこと
ペットは家族考えることと
人と動物の関係性にボーダーを引かないこと
は似ているようで全く違うことです。

「ペットは家族」という言葉は素晴らしいと思います。
近年は飼い方の変化によりペットの寿命も延びてきました。

ただし「ペットは家族」でも「ペットは人間」ではないです。
そこのボーダーラインを意識しなくてはいけません。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(5) | page top
人に対してお腹を見せる犬について
2016 / 10 / 13 ( Thu )
20161013nicole.jpg飼い主さんが撫でようとしたら
自らお腹を出す犬がいます。

ただ「お腹を撫でろ!」と催促するような子もいますが、
お腹を出す前から体勢を低くして耳を下げ、
尻尾も少し下げながら振っている様な場合は
飼い主さんに最上級の服従と甘えを行っている行動です。

この行動を“飼い主さん”に進んで行うような子は
とても服従心が強く、争いを好まない平和主義、
おっとりした性格が多く、
家庭犬としては好ましいタイプの気質を持って行います。

ただし強く叱り過ぎてしまうとへこんでしまったり、
飼い主さんの姿を見ると怖がってしまうように
なることもありますので、注意が必要です。

また「怖がり」な面も持ち合わせていることもあるので、
何かを強要したり、追いつめない様にしてあげましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
15 : 20 : 08 | その他 | コメント(12) | page top
季節の変わり目の体調不良
2016 / 09 / 28 ( Wed )
季節外れの残暑が続いています。
早く涼しい季節になって、思いっきりわんこと遊びたいですね。

実は先日愛犬が胃腸炎になり、血混じりの胃液を吐き続けました××
深夜だったので、朝一で病院に行って点滴と注射を打ってもらい
夕方には元気を取り戻しました(回復早い!

季節の変わり目や、環境の変化(先週まで私の実家にいました)で
おそらく体調を崩すかなと思っていたのですが、
思った以上に激しく崩してしまい、びっくりしました。
今は元気なので安心です^^

ところで吐きそうになったタイミング(うつむいて固まっている)で
ペットシーツに連れて行って吐かせるようにしていたところ
いつの間にか気持ち悪くなったら
ペットシーツに自分で行くようになっていました。
トイレトレーニング以外にも習慣付けられるんだな、と
ちょっと感心してしまいました。
飼い主としては処理がとても楽なので助かるのですが、
本当につらかったら気にしなくて吐いていいよ…;;
と健気な愛犬を見て複雑な気持ちになってしまいました。

皆様も気温の差や湿度の高さなどわんちゃんの体には
負担がかかることが沢山ですのでどうぞお気を付けくださいね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 14 : 55 | 愛犬との日常 | コメント(4) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>